三重県メガソーラー反対運動 行政も「勧告」に至った経緯とは?

2019/03/23 10:00

 森林を伐採し、剥き出しになった山肌に大量のソーラーパネルが設置される。そんな光景が全国津々浦々で見られるようになった。現在、大規模な太陽光発電所「メガソーラー」の建設を巡って、住民トラブルが相次いでいる。環境破壊や、土砂崩れなど防災上のリスクがあるとして、全国各地で地元住民たちの反対運動が起きているのだ。

あわせて読みたい

  • 金、人、モノ…すべて「地元産」 小田原市が実践する究極の再生可能エネルギーとは

    金、人、モノ…すべて「地元産」 小田原市が実践する究極の再生可能エネルギーとは

    dot.

    12/6

    FIT終了で岐路に立つ太陽光発電 台風停電で見えたメリットとリスク

    FIT終了で岐路に立つ太陽光発電 台風停電で見えたメリットとリスク

    週刊朝日

    10/11

  • 太陽光発電、年間2.4兆円の国民負担も…コスパが悪すぎる実態

    太陽光発電、年間2.4兆円の国民負担も…コスパが悪すぎる実態

    週刊朝日

    3/23

    怒号飛び交う説明会 太陽光バブル崩壊の危機

    怒号飛び交う説明会 太陽光バブル崩壊の危機

    AERA

    1/28

  • 【ニッポンの課長】JX日鉱日石エネルギー「太陽光とともに」

    【ニッポンの課長】JX日鉱日石エネルギー「太陽光とともに」

    AERA

    2/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す