“ハロウィーン”逮捕も弱点あり…「顔認証システム」の実力と盲点

2019/03/01 16:00

 昨年10月のハロウィーン直前、東京・渋谷センター街で軽トラックを横転させ、4人が逮捕、10人が書類送検された事件の決め手は、顔認証システム。警視庁が会議室にいながら4万人の群衆から容疑者を特定したこの技術は、東京五輪でも活用される。ジャーナリストの桐島瞬氏が、そのすごさと盲点を調べた。

あわせて読みたい

  • 顔認証システム「気持ち悪い」 防犯の最新技術に不安を覚える人々

    顔認証システム「気持ち悪い」 防犯の最新技術に不安を覚える人々

    AERA

    12/7

    警察の働き方改革で登場した顔認証を超える驚異的なシステムとは?

    警察の働き方改革で登場した顔認証を超える驚異的なシステムとは?

    週刊朝日

    6/18

  • 歌舞伎町から夢の国まで… 防犯技術の進化で日本が“超監視社会”に

    歌舞伎町から夢の国まで… 防犯技術の進化で日本が“超監視社会”に

    AERA

    12/6

    駅に設置の顔認証カメラで「出所者検知」の波紋 ミシェル・オバマを「男性」と判定した精度の低さ指摘も

    駅に設置の顔認証カメラで「出所者検知」の波紋 ミシェル・オバマを「男性」と判定した精度の低さ指摘も

    dot.

    10/16

  • 「顔認識」機能はここまできた! 成毛眞が語る“驚くべき未来”とは

    「顔認識」機能はここまできた! 成毛眞が語る“驚くべき未来”とは

    dot.

    11/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す