今年は富士山と箱根に警戒! 地震ばかりか火山も危険なワケ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年は富士山と箱根に警戒! 地震ばかりか火山も危険なワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
亀井洋志週刊朝日
最近は「大噴火」が起きていない日本列島。300年以上噴火していない富士山も心配だ (c)朝日新聞社

最近は「大噴火」が起きていない日本列島。300年以上噴火していない富士山も心配だ (c)朝日新聞社

「いま、火砕流が起きたらとても逃げ切れません。到達までに冷やされても温度が100度以上あり、速さは新幹線並みです。3200年前の噴火で山(最高峰の神山)の半分が吹っ飛んで現在の高さになり、仙石原と芦ノ湖ができました。富士山も箱根も実は非常に危ないのです。一方、北海道に目を向ければ、樽前山の頂上に溶岩ドームが生成されています。これが崩れると火砕流が起きます。他にも昨年の一時期、火山性地震を増加させた雌阿寒岳も気になります。次にどの火山が噴火するかは予測困難なのです」(島村氏)

 そんな火山国であり、地震国である日本には、原子力発電所が建設中含めて37基ある。2019年も危機と隣り合わせなのだ。(本誌・亀井洋志)

週刊朝日  2019年1月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい