みやぞんの結婚観 「結局飽きたりしていくのかなと思うと、今はちょっと面倒くさいな」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

みやぞんの結婚観 「結局飽きたりしていくのかなと思うと、今はちょっと面倒くさいな」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日#林真理子
みやぞんさん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・大野洋介)

みやぞんさん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・大野洋介)

みやぞん(ANZEN漫才)/1985年、東京都生まれ。2009年、保育園の幼なじみであるあらぽんと「ANZEN漫才」を結成。ギターを弾きながらの歌ネタやコントなどで注目され、16年に「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)でブレーク。17年、「かならず選挙に行く」でCDデビュー。18年8月、「24時間テレビ」(同)でトライアスロンに挑戦し、完走。趣味は野球、格闘技、ギター。(撮影/写真部・大野洋介)

みやぞん(ANZEN漫才)/1985年、東京都生まれ。2009年、保育園の幼なじみであるあらぽんと「ANZEN漫才」を結成。ギターを弾きながらの歌ネタやコントなどで注目され、16年に「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)でブレーク。17年、「かならず選挙に行く」でCDデビュー。18年8月、「24時間テレビ」(同)でトライアスロンに挑戦し、完走。趣味は野球、格闘技、ギター。(撮影/写真部・大野洋介)

 多忙にも関わらず、毎日掃除や料理、そして犬の世話までしているというお笑いタレントのみやぞんさん(ANZEN漫才)。作家・林真理子さんが対談で、結婚への思い、そして意外な素顔まで、たっぷりうかがいました。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
林:共演者の皆さんと飲みに行ったりすることはないんですか。

みやぞん:なかなかなくて、「とりあえず家に早く帰って犬の散歩をしないと」なんてことが先に来まして、「あ、まずい。4時間しか寝れない」とかって感じですから。朝6時台の新幹線に乗るとしても、犬の散歩をして、自分で髪の毛もつくるんで、その2時間前に起きるんですよ。

林:その髪形、ヘアメイクさんにやってもらうんじゃないんですか。

みやぞん:自分でやってます。毎朝1時間かけて。

林:えー! 楽屋でやったら?

みやぞん:できなくはないんですけど、楽屋ではゆっくりしたいんですよ。ただでさえ僕、バタバタ系の人間なもんですから、楽屋に入ったときはフッと一息ついてお弁当食べて、これをやって、次はこれをやってという順番があって、それをやらないと気がすまないタイプなんです。

林:それを聞くと、おうちの中もきれいに片づいていそうですね。

みやぞん:きれいです。毎日掃除機かけてます。床も拭いて、お花も飾って。

林:まあ、お花も飾るんですか。

みやぞん:お花買いに行くのも楽しみで。お花がないと寂しいんです。

林:お料理も自分でするんですか。

みやぞん:スーパーで買ってきたものにちょっと一工夫して、ごはんを炊いて食べるというぐらいで、料理っていう料理はしないですね。例えばうどんなら、うどんを茹でまして、サラダをのせまして、ツナとコーンが入った缶詰みたいなのをポンとのせまして、マヨネーズをかけて、めんつゆをかけて「サラダうどんだよ~」なんていうのは、これは料理ですかね?

林:立派な料理ですよ。

みやぞん:そうですか。それなら料理やってますね(笑)。

林:男の人の一人暮らしでそこまでできれば素晴らしいです。犬は何を飼ってらっしゃるんですか。

みやぞん:うちはビーグルみたいな犬です。捨てられてたワンちゃんなんですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい