亀田大毅、内村航平、元AKBの梅田彩佳も “昭和64年生まれ”の不都合な真実 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

亀田大毅、内村航平、元AKBの梅田彩佳も “昭和64年生まれ”の不都合な真実

このエントリーをはてなブックマークに追加
大崎百紀週刊朝日

元プロボクシング2階級王者の亀田大毅さん(トゥモロウズ提供)

元プロボクシング2階級王者の亀田大毅さん(トゥモロウズ提供)

AKB48の2期生としてデビューしたタレントの梅田彩佳さん(フレイヴ エンターテインメント提供)

AKB48の2期生としてデビューしたタレントの梅田彩佳さん(フレイヴ エンターテインメント提供)

 平成31年は4カ月しか存在せず、5月1日からは新元号がスタートする。新天皇の即位で10連休と世間は祝賀ムードで持ち切りだが、平成31年生まれの不都合に思いを馳せ、複雑な心境の人もいる。わずか7日しか存在しなかった昭和64年生まれの人々だ。彼らが体験した不都合な真実とは?

【写真】この人気アイドルも昭和64年生まれ!

*  *  *
 4月30日、5月1日が出産予定日のママさんは気が気でないだろう。

 出産日が1日ずれるだけで、元号が違ってしまうからだ。「そんなのどうでもいい。元気にさえ生まれてきてくれたら」という声はごもっとも。

 大型10連休中であっても病院が通常どおりの対応であることのほうが大事だろう。

 が、少し考えてみた。

 平成に生まれるのと、次の元号に生まれるのでは、だいぶ印象が違う。同じ2019年に生まれているのに、5月1日に生まれた人は生年月日の欄に新元号の誕生日を死ぬまで書き続け、1月から4月末までに生まれた人は「平成31年」と記さなければならない。

 平成31年は新年からたった4カ月だが、1週間しか存在しなかった年がある。昭和64年だ。

 昭和64年は1月1日から7日までの1週間しか存在しなかった。その7日間に生まれた人は現29歳(年が明ければ30歳)だが、元号によって人生にどんな影響を受けたのだろうか。

 昭和64年1月6日に生まれたのは、元プロボクサーの亀田大毅さんだ。

「ヤバイくらい言われましたよ。『え、昭和64年生まれなの?』『う、うわーっ』って」

 珍しい人を見るかのように、ただ自分が誕生日を言っただけで、リアクションされる。しかもそれがずっと続いてきた。

「だからといって鼻の穴にダイヤモンドがあるわけでもないし、ほんと、フツーの人間ですよ~。ただ親からは、『お前、なかなか貴重だよ。あと数日後だったら平成生まれだったんだから』と言われる。もう、どっちでもええしー(笑)」

 やや面倒な思いをしてきたようだ。

「ただネタになる。だって、僕たち昭和のプレミアですから。日本人は『限定モノ』好きでしょ?」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい