「ふたりぼっち」どころじゃない! 矢野顕子の新作にあんな人もこんな人も! (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ふたりぼっち」どころじゃない! 矢野顕子の新作にあんな人もこんな人も!

連載「知新音故」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ週刊朝日#小倉エージ#知新音故
幅広い音楽性を持ち、国内外のミュージシャンとコラボレーションを続ける矢野顕子

幅広い音楽性を持ち、国内外のミュージシャンとコラボレーションを続ける矢野顕子

矢野顕子『ふたりぼっちで行こう』の初回限定盤(ビクター VIZL―1435)は、本作のレコーディングの模様やインタビューなどを収録したDVDのほか、収録曲を紹介するブックレットもつく

矢野顕子『ふたりぼっちで行こう』の初回限定盤(ビクター VIZL―1435)は、本作のレコーディングの模様やインタビューなどを収録したDVDのほか、収録曲を紹介するブックレットもつく

 矢野顕子のニュー・アルバム『ふたりぼっちで行こう』が楽しい。8人のミュージシャン、3組のグループとのコラボレーションだ。過去に共演した面々だけでなく、初の顔合わせも。内容も、オリジナルの新曲、ライヴのみで未録音だった曲、カヴァー曲など盛りだくさんだ。

【矢野顕子のニュー・アルバム『ふたりぼっちで行こう』ジャケットはこちら】

 矢野はこれまでも数多くのミュージシャンとレコーディングやライヴで共演してきた。2006年に出したデビュー30周年記念アルバム『はじめてのやのあきこ』では、小田和正、忌野清志郎、槇原敬之、YUKIら。『あなたと歌おう』(10年)では森山良子、『Get Together―LIVE IN TOKYO』(11年)や『ラーメンな女たち―LIVE IN TOKYO―』(17年)では、ジャズピアニストの上原ひろみ。デビュー40周年記念公演でも、大貫妙子や奥田民生らとステージに立った。

 今回の新作の幕開けは、リード&キャロラインとコラボした「When We’re In Space」。軽快でどこか懐かしいピコピコのテクノポップだ。宇宙への思いを歌う矢野は、胸のときめきを抑えられない少女のようにとてもキュートだ。作曲は矢野。作詞、編曲のリード・ヘイズは米ニューヨークの矢野宅の隣人だ。リードが語るには「エレベーターに乗り合わせる度に音楽や宇宙、クラフトワークについて話す間柄」という。

 2曲目は、THE YELLOW MONKEYの「パール」のカヴァー。イエモンの吉井和哉とは初共演だ。矢野はかねてこの曲をリアレンジしてきたが納得できず、吉井との共演で再アレンジ。吉井は“矢野さんがカヴァーしたナンバーは、もう矢野さんの曲になっているわけですから、言ってみれば僕がコピーする感覚。「俺が作った曲なのに、なんでコピーしてるんだ」(笑)っていう嬉しさと緊張感”を覚えたという。

 YUKIとのコラボによる「バナナが好き」は、矢野の40周年記念公演の際に作られた。いつもはメロ先のYUKIが、矢野のバナナへの偏愛を描いた詞に曲をつけた。ほのぼのとしたくつろぎを覚える曲だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい