サントリー×ミズノの「日本初」シューズ 山田美保子が推すワケ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サントリー×ミズノの「日本初」シューズ 山田美保子が推すワケ

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

「老化を、科学する。」サントリーと「運動を、科学する。」ミズノが共同開発した「グッドムービング ウォーキングシューズ」。膝の内側にかかる力を軽減して快適な歩行をサポートしてくれるシューズ。ベージュ、ネイビー、ブラックの3色で22.5~24.5センチの5サイズ。1万6000円(税抜き)。電話とインターネットで購入可能。問い合わせ:サントリーウエルネス

「老化を、科学する。」サントリーと「運動を、科学する。」ミズノが共同開発した「グッドムービング ウォーキングシューズ」。膝の内側にかかる力を軽減して快適な歩行をサポートしてくれるシューズ。ベージュ、ネイビー、ブラックの3色で22.5~24.5センチの5サイズ。1万6000円(税抜き)。電話とインターネットで購入可能。問い合わせ:サントリーウエルネス

 膝の悩みを抱える人は全国で約2400万人もいるといい、もちろん、芸能人もその中に入っている。

 膝にもっとも負担がかかるのは、着地したときだといわれ、その瞬間だけでも膝への負荷を減らせれば、快適に歩くことができる……と、開発者が5年の歳月をかけ、「思いを注ぎ込んだ自信作」だという。

 もともと芸能人はクルマ移動が多いため、滞在先のホテルの周辺を夜間や早朝、歩いたり、局内の楽屋からスタジオまでをあえて階段で移動したりと、工夫をしている人が少なくない。

 そんなとき、このシューズを着用すれば、膝関節の健康を守ってくれて、ひいては「いくつになってもハイヒールを履ける」強い脚づくりに繋がるというワケ。

 もちろん、ダサくて、老人っぽい(!)デザインやカラーリングはNG。履き心地の良さに加えて、オシャレ度にもこだわったウォーキングシューズなのだ。

週刊朝日  2018年12月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。フジテレビ系「Live News it!」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい