築地解体で「石綿飛散」に注意せよ 過去最大級の除去工事は大丈夫か

築地市場

2018/11/21 05:15

 東京の食を支えてきた築地市場(東京都中央区)が閉じてから1カ月。約1万匹ともいわれるネズミの駆除が注目されたが、本当に危険なことが始まっている。過去最大級となるアスベスト(石綿)の除去工事だ。吸い込めば数十年後にがんの一種の中皮腫などにかかる恐れがある。飛散の監視は業者任せで、法制度や都の対応の不備も指摘されている。“死亡リスク”のある危険物質が、銀座を浮遊するかもしれないのだ。

あわせて読みたい

  • アスベスト死者は年1500人超 解体ラッシュで東京・大阪が危ない

    アスベスト死者は年1500人超 解体ラッシュで東京・大阪が危ない

    週刊朝日

    9/23

    室内に“居ただけ”で死亡も 「建物アスベスト」の恐怖

    室内に“居ただけ”で死亡も 「建物アスベスト」の恐怖

    週刊朝日

    7/25

  • 隠されるアスベスト飛散 「静かな時限爆弾」の恐怖!

    隠されるアスベスト飛散 「静かな時限爆弾」の恐怖!

    週刊朝日

    9/23

    本当は怖いアスベスト規制 死者続出を止められないわけ

    本当は怖いアスベスト規制 死者続出を止められないわけ

    週刊朝日

    1/10

  • ニトリ、カインズなど中国輸入の珪藻土製品にアスベスト続々 「お手入れ」で子や孫に吸わせる危険!?

    ニトリ、カインズなど中国輸入の珪藻土製品にアスベスト続々 「お手入れ」で子や孫に吸わせる危険!?

    週刊朝日

    1/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す