ミッツ・マングローブ「TPOモンスター櫻井翔の凄み」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「TPOモンスター櫻井翔の凄み」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

写真はイメージです (c)GettyImages

写真はイメージです (c)GettyImages

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「櫻井翔」を取り上げる。

*  *  *
 TPO(Time/Place/Occasion)。これ(時と場所と状況)をわきまえないと、KY(空気を読めない)な痴れ者もしくは無礼者扱いされてしまうのがオトナの世界です。昔から「あの人、外面はいいから……」とか「彼女は八方美人だ」とか「宅の亭主は内弁慶なだけざますのよ」なんて言い回しがあるものの、どれも裏を返せば「TPOをわきまえたオトナの対応ができる人」ということだったりします。それでいて同時に個性や権利を尊重したがるのも矛盾多き世の常。テレビの世界でもそれは同じです。TPOに応じた「それっぽい」立ち居振る舞いが当たり障りなくできるかどうかがいちばん重要であって、むしろ個性なんて二の次と言ってもいいかもしれません。

 そんなわけで一周回って櫻井翔さんです。現在のテレビ界でTPOをわきまえさせたら、この人の右に出る者はいないでしょう。どんな場面であろうと常に最適な「それっぽい」雰囲気を悠然と醸すその姿は、「如才ない」「わざとらしい」「嘘っぽい」なんて言葉では片付けられないぐらいの『凄み』に満ちています。衰え知らずの現役アイドルとしての翔くん。バラエティなどで臨機応変にボケ⇔ツッコミを使い分ける翔くん。そして報道番組では貫禄たっぷりにザ・社会派モードの翔くん。さらにはオラオラもんでラップを畳み掛けるチェケラッチョな翔くんも捨て難い。特に私が好きなのは『がん保険アフラック』のCMで、がん経験者の話を神妙な顔をして聞いた後、「アフラック!」と叫びながら登場するアヒルに向かって、まるで平穏な日常を取り戻した街を見届けて「やれやれ……」と呟く正義の味方の如く、ほんのり眉間に皺を寄せて苦笑いする翔くんです。見様によっては鼻で笑っているようにも見えますが。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい