藤田ニコルら“意識高い系”美人が愛飲する「YES JUICE」とは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤田ニコルら“意識高い系”美人が愛飲する「YES JUICE」とは?

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

「YES JUICE」は、”コールドプレスジュース”という、水を一滴も使わずに野菜と果物のみで作られた100%ジュース。素材の栄養素や酵素を壊さず、生きたまま抽出され、胃に負担をかけず、吸収しやすいのが特徴。種類豊富なドリンクの中から自分の体調に合うものをセレクトできる。1本1000~1300円(税抜き)。ホームページ(https://yes-tokyo.jp/juice/)から注文可能

「YES JUICE」は、”コールドプレスジュース”という、水を一滴も使わずに野菜と果物のみで作られた100%ジュース。素材の栄養素や酵素を壊さず、生きたまま抽出され、胃に負担をかけず、吸収しやすいのが特徴。種類豊富なドリンクの中から自分の体調に合うものをセレクトできる。1本1000~1300円(税抜き)。ホームページ(https://yes-tokyo.jp/juice/)から注文可能

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、YES TOKYOのコールドプレスジュース「YES JUICE」。

【美容セレブ愛飲ドリンク「YES JUICE」の写真はこちら】

*  *  *
 キレイな女優さんやモデルさんがトーク番組や情報番組で必ず聞かれるのが美容法。だが、かなり高い確率で出てくる答えが「何もやってないんです」なのである。

 しかし、朝食から順番にメニューを細かく聞いてみたり、日課にしているエクササイズや入浴法などをしつこく聞いてみると、出てくる、出てくる! アサイーボウルやミニトランポリン、ミストサウナなど、彼女たちのルーティンには、美容トレンドが満載だ。つまり、「何もやってない」ではなく、色々やっているのだけれど、それらは日常に自然に組み込まれたモノだというワケ。やはり、こうした美容セレブには、しつこく聞くのが正しいようだ。

 そんな“意識高い系”美人たちが愛飲していることから広まりつつあるのが「YES JUICE」だ。

 女性誌をチェックすると、モデルやカリスマブロガー、インスタグラマーらがこのジュースを愛飲しているという記事が山ほど出てくる。

 テレビ番組では「なかい君の学スイッチ」(TBS系、9月終了)で、藤田ニコルが「買ってよかったモノ」として紹介。ギャル雑誌を卒業し、赤文字系雑誌の専属になり、自ら立ち上げたブランドも好調な彼女は、スタイル維持のため、かなりストイックな日々を送っているのだ。テレビ出演の際、楽屋に用意される高カロリーな局弁は「見ると食べたくなっちゃうから、マネジャーさんに隠してもらっている」と。代わりにポット入り野菜スープを家から持参しているほどだ。

 そんな藤田ニコルに選ばれたのが“日々摂り入れたいジュース”こと「YES JUICE」。客にとって特効薬や万能薬となるような豊富な種類のコールドプレスジュースを揃えている。丁寧なカウンセリングにより、客それぞれの体調に合わせたパーソナルなジュースクレンズシステムを実現させたのが最大の売り。

 各ジュースが、どんな野菜や果物で作られているかはもちろんのこと、「こんな方におすすめ」と、「日々の野菜不足」「ダイエット」「美髪」「むくみ解消」「デトックス」から「二日酔い」(!)まで、メニューには女性が気になるワード満載だ。

 季節限定、期間限定なる“トピックス”が常にホームページにあがっているのも新鮮さを追求している証し。

 中目黒、二子玉川と、女性に人気の高い街にジュースバーを構えるだけでなく、ケータリングサービスも。「何もやってません」と言い張る美容セレブが習慣づけているジュースなのだ。

週刊朝日  2018年10月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい