貴乃花の引退会見 全文【後半】「八角理事長から正式な通達はなく、話し合いはなかった」 (1/8) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

貴乃花の引退会見 全文【後半】「八角理事長から正式な通達はなく、話し合いはなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
亀井洋志,福井しほ週刊朝日

会見をした貴乃花(撮影/福井しほ)

会見をした貴乃花(撮影/福井しほ)

会見後に配布された報告書には貴乃花の署名も記されている(撮影/福井しほ)

会見後に配布された報告書には貴乃花の署名も記されている(撮影/福井しほ)

 貴乃花親方(46=元横綱)が25日夕方、日本相撲協会に退職届を出した後、東京都港区の弁護士事務所内で会見を開き、「貴乃花光司は、年寄を引退するという届けを提出いたしました」と語った。

【会見後に配布された報告書はこちら】

 冒頭に代理人弁護士が状況を説明した。

 貴乃花親方は「(貴ノ岩暴行事件での)告発状の内容を全て事実無根として認めなければ、一門に入れない、と相撲協会に迫られた」「真実を曲げて告発は事実無根であると認めることは私にはできません」などと訴え、引退に至る経緯を報告した。だが、記者からは「相撲協会の総意とは思えない」「八角理事長と直接、話し合ったのか」などの質問が相次いだ。貴乃花親方の一問一答の全文は以下の通り。

*  *  *
――弟子の皆さんが涙ながらに(年寄引退に)反応されたとのことですが、ご意向を伝えた時に印象に残っている言葉はありますか。

 今日も弟子の一人が師匠が決められることに軽はずみな発言はできません、と言ってくれたのが印象的です。

――弟子の皆様にも愛されていたと思いますが、応援しているファンの皆様にインターネットを通じてメッセージを出されました。どういった思いでしたか。

 最終的に私自身が決断したのは今朝。あまりその、深い意味で書いたわけではないのですけど、そのように捉えられてしまったというのは何か私なりに国技館を去る時なので、国技館の美しい建物であるとか、そんな思いがあってその言葉になってしまったのかもしれません。

――ファンの皆様にどういったお気持ちがありますか。

 貴乃花として現役、親方として、師匠としてやってこれましたのも、全国の応援者、支援者、そしてファンの皆様方のおかげでしかありません。この思いは生涯胸に秘めていきたいと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

――今回の流れを見ていると一人で去っていくような印象を受けます。そういう状況になってしまったのはどうしてでしょうか。

 入門した時も自分の意思で決めましたので、今回も自分の意思で自分の去り方を行動に移したというだけなんですけども……。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい