ミッツ・マングローブ「初制覇! 女装たちのグランドスラム」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「初制覇! 女装たちのグランドスラム」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

写真はイメージです (c)GettyImages

写真はイメージです (c)GettyImages

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「女装たちの妄想」を取り上げる。

*  *  *
 日本人がグランドスラム大会のシングルスで優勝するなど、私にとっては『まず起こり得ないランキング』のトップ項目のひとつでした。松岡修造さんが「優勝も夢じゃない!」と叫び続ければ続けるほど、それはいつも既(すんで)のところで阻まれてしまう『究極の夢』なのだと腹をくくった上で、私は長年テニス観戦に向き合ってきました。しかし、『その日』はこんなにも突然やってくるものなのですね。

 何故かいちばん感慨がこみ上げたのは、優勝を決めた試合の映像でも優勝トロフィーを掲げた写真でもなく、新聞やネット記事に記された『大坂なおみ全米優勝』という『文字』でした。今までも『伊達ベスト4』『杉山愛ダブルス優勝』『錦織決勝進出』といった見出しが躍るたび、何度も目に焼き付けては、まるでエベレスト登山のように、時間をかけてランキングや成績を上げ、歴史を塗り替え、それでもなかなか頂(いただき)には手が届かない日本テニスの歩みをずっと噛み締めてきたので、この『全米優勝』の4文字には若干の戸惑いさえ覚えます。しかも4大大会ベスト8の経験もなく、世界ランキングトップ10にすら入る前の段階でグランドスラム制覇をしてしまうなんて、かつての旧共産主義国の選手でもなかったことです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい