「難聴」予防が認知症リスクを減らす? 医師が関係性を解説

ヘルス

2018/09/07 07:00

 加齢で難聴を患う人も増えてくる。そのまま放置し続けると認知症リスクが高まる可能性があることをご存じだろうか? 難聴と認知機能低下の詳しい因果関係やメカニズムについてはまだ解明されていないが、有力とされる諸説が存在する。

あわせて読みたい

  • 早めの補聴器が認知症予防につながる? 聞こえと脳の関係を専門医が解説

    早めの補聴器が認知症予防につながる? 聞こえと脳の関係を専門医が解説

    週刊朝日

    4/1

    認知症の予防には「聞こえにくい」の放置はダメ 医師は社会的交流の低下リスクを指摘

    認知症の予防には「聞こえにくい」の放置はダメ 医師は社会的交流の低下リスクを指摘

    dot.

    4/16

  • 耳が遠い人ほど認知症になりやすい!? 医師に聞いたその理由とは

    耳が遠い人ほど認知症になりやすい!? 医師に聞いたその理由とは

    dot.

    10/6

    補聴器を買うのに「むやみに高価」「購入を急がせる」販売店は要注意! 専門医が教える選び方

    補聴器を買うのに「むやみに高価」「購入を急がせる」販売店は要注意! 専門医が教える選び方

    週刊朝日

    3/16

  • 【難聴・耳鳴り】難聴は認知症発症の最大リスク因子 60代後半では3人に1人の聞こえが悪化

    【難聴・耳鳴り】難聴は認知症発症の最大リスク因子 60代後半では3人に1人の聞こえが悪化

    dot.

    1/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す