柄本佑 染谷将太と共演した“恥ずかしい映画”とは?

2018/09/02 11:30

 1984年生まれの三宅唱(みやけしょう)監督とは、何となく面識はあったものの、3年前まで連絡先は知らなかった。あるとき、舞台稽古中の柄本佑さんのツイッターに三宅監督から「話があるので会えませんか」というダイレクトメッセージが届いた。稽古終わりに会うと、仕事の話だった。「『一緒に映画をやりませんか?』と言われて、内容も聞かずに、『ぜひ』と答えました。三宅さんとプロデューサーの松井宏さんと、かなり酔っぱらった顔で写ってるスリーショットがありますよ(笑)。初台から歩いて帰る道すがら、うちの妻も合流して。妻が撮ってくれたんです」

あわせて読みたい

  • 川栄李奈 初主演映画でわかった“母の言葉”の意味

    川栄李奈 初主演映画でわかった“母の言葉”の意味

    週刊朝日

    10/21

    松山ケンイチ 「負け続けるボクサー」役で考えた“強さ”の意味

    松山ケンイチ 「負け続けるボクサー」役で考えた“強さ”の意味

    週刊朝日

    4/3

  • 中村倫也に腐っていた過去「世の中も大人も全部ナナメに見てた」

    中村倫也に腐っていた過去「世の中も大人も全部ナナメに見てた」

    AERA

    9/6

    「人と会うのがイヤ」だった頃 安藤政信、人生の転機語る

    「人と会うのがイヤ」だった頃 安藤政信、人生の転機語る

    週刊朝日

    9/10

  • 「山口百恵の再来と中森明菜に衝撃!」ファン歴40年目の元ゲイバーママが語る愛

    「山口百恵の再来と中森明菜に衝撃!」ファン歴40年目の元ゲイバーママが語る愛

    dot.

    5/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す