北原みのり「医療界、相撲協会と同じ」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「医療界、相撲協会と同じ」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

医療界、相撲協会と同じ(※写真はイメージ)

医療界、相撲協会と同じ(※写真はイメージ)

 医療界の人たちは、「女性の比率が調整されることは暗黙の了解、受験生もわかってるはず。だから女は人一倍頑張るし、女医は優秀なんだ」と言いたがる。当事者からすれば、女性の点数が操作されているなんて考えたこともなかった。女性比率が極端に低い大学の受験は女は物理が苦手だから……という迷信をむりやり納得して……というか納得するしかない気持ちで勉強してきたのだ。

 当事者の声が集まりつつある。東京医大だけでなく、他大学で受けた面接についても声をあげている方がいる。面接で、結婚したらどうする? 妊娠したら? ということを女性受験生は聞かれることがあるという。いつの時代の話だよ。

 ブラックボックスは開いた。相撲協会からふつーのまともな医療界に向けて。日本社会全ての人が、当事者なのだ。

週刊朝日  2018年8月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい