14人目の死刑囚になるはずだった村井秀夫 母親が語ったその闇とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14人目の死刑囚になるはずだった村井秀夫 母親が語ったその闇とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日#オウム真理教

殺害された村井秀夫

殺害された村井秀夫

 松本・地下鉄両サリン事件などで29人の死者を出した一連のオウム真理教事件で死刑判決を受けた林(現姓・小池)泰男死刑囚(60)ら6人の刑が26日、執行された。林死刑囚のほか、岡崎(現姓・宮前)一明(57)、横山真人(55)、豊田亨(50)、広瀬健一(54)、端本悟(51)ら5人。オウム事件での死刑囚は計13人で、教祖の麻原彰晃元死刑囚(本名・松本智津夫)ら7人は7月6日にすでに執行されていた。

【写真特集】教団エリートの「罪と罰」 死刑囚12人の実像

「本当は、死刑になるのは13人じゃなくて、14人なんだよな」

 と話すのは、警視庁でオウム真理教の地下鉄サリン事件の捜査を手掛けた、元捜査員だ。

 地下鉄サリン事件、松本サリン事件、坂本弁護士一家殺人事件など、一連の裁判では、麻原元死刑囚と実行犯をつなぐキーパーソンの不在がネックだった。

 多くの元教団幹部は、麻原元死刑囚から直接、指示を受けたケースは少なかった。麻原元死刑囚と実行犯だった、元教団幹部の間にいたのが、教団ナンバー2「正大師」の地位についていた村井秀夫元幹部(当時36)だった。

「一連のオウム真理教の事件の捜査をしていると、何度も『村井元幹部から指示を受けた』という供述を聞きました」(前出・元捜査員)

 村井元幹部は、地下鉄サリン事件のあと、たびたびマスコミに登場しては、オウムの潔白を訴えた。そんな最中の1995年4月24日、オウム真理教の東京本部前で刺殺された。村井元幹部は、大阪の出身で大阪大学を卒業し、大手鉄鋼会社に入社したエリート。オウム真理教でも、最も麻原元死刑囚から信頼が厚い、幹部だった。

 本誌は、刺殺事件直前、村井元幹部の母親に大阪府内の自宅で話を聞いていた。

「うちの子は、小さい時から、頭が良くて、現役で阪大に入って、いい会社に就職もした。それがよりによって、こんな世間を騒がせる宗教に行ってしまって……」

 母親はこう話すと両手で顔を覆った。

 村井元幹部は、麻原元死刑囚の著書を読み、すぐさまオウム真理教に入信。そして、教団創成期の1987年に会社を辞めて出家した。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい