ワンピース歌舞伎で頭角 尾上右近が“対極”の劇に挑戦

2018/07/16 11:30

 歌舞伎には、無数の“型”が存在するが、その型を忠実になぞりながら彼は、こっそり自分の内面をぶつける。表現という文字は、“あらわれる”という文字が二つ重なるが、「なにを表し現すかといえば、内面だと思うんです。その人の内面が薫るから、同じ型でも違って見える」。

 そんな彼が、現代劇、しかも翻訳劇に初挑戦する。舞台「ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル」は、2008年にトニー賞作品賞を受賞した「イン・ザ・ハイツ」の脚本を担当したキアラ・アレグリア・ヒュディスによる12年ピュリツァー賞戯曲部門受賞作。右近さんは、イラク戦争に参加後、薬物依存になった過去を持つ青年エリオットを演じる。

「まさに今の、僕らの世代を描いた翻訳劇なので、今まで携わってきた歌舞伎とは対極の内容です。僕にとっては挑戦であり冒険でもあって、どうやって役にアプローチすべきか、途方に暮れることも多いんですが、だからこそ本番でどうなるかわからない楽しみがあるんです」

(取材・文/菊地陽子)

週刊朝日 2018年7月20日号

1 2

あわせて読みたい

  • マザコン炸裂、女優に告白で玉砕の過去も 尾上右近の目が離せない「ポンコツ具合」

    マザコン炸裂、女優に告白で玉砕の過去も 尾上右近の目が離せない「ポンコツ具合」

    dot.

    7/27

    寺島しのぶの息子が歌舞伎界、令和の主役に? 「資質は母親以上」の声

    寺島しのぶの息子が歌舞伎界、令和の主役に? 「資質は母親以上」の声

    週刊朝日

    8/22

  • 勘三郎、團十郎、三津五郎… 3人の不在が歌舞伎界に与える影響

    勘三郎、團十郎、三津五郎… 3人の不在が歌舞伎界に与える影響

    週刊朝日

    5/2

    大親友は神木隆之介 “歌舞伎界一のイケメン”中村隼人の素顔

    大親友は神木隆之介 “歌舞伎界一のイケメン”中村隼人の素顔

    週刊朝日

    1/13

  • 11月21日「歌舞伎座開業記念日」~歌舞伎座128歳のお誕生日です!

    11月21日「歌舞伎座開業記念日」~歌舞伎座128歳のお誕生日です!

    tenki.jp

    11/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す