井上死刑囚から勧誘された医師が明かす「オウム真理教事件は受験エリートの末路」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

井上死刑囚から勧誘された医師が明かす「オウム真理教事件は受験エリートの末路」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上昌広週刊朝日#オウム真理教

1990年に都内の道場で記者会見するオウム真理教元代表の麻原影晃(松本智津夫)元死刑囚(c)朝日新聞社

1990年に都内の道場で記者会見するオウム真理教元代表の麻原影晃(松本智津夫)元死刑囚(c)朝日新聞社

オウム真理教の元幹部で「諜報省」の最高責任者だった井上嘉浩元死刑囚。上昌広医師は、井上元死刑囚から勧誘を受けたという(c)朝日新聞社

オウム真理教の元幹部で「諜報省」の最高責任者だった井上嘉浩元死刑囚。上昌広医師は、井上元死刑囚から勧誘を受けたという(c)朝日新聞社

「オウム真理教事件は受験エリートの一つの末路。背景にリアリティーの乏しさがあった」と語る上昌広医師(c)朝日新聞社

「オウム真理教事件は受験エリートの一つの末路。背景にリアリティーの乏しさがあった」と語る上昌広医師(c)朝日新聞社

 受験エリートの一つの末路だった――。教団元幹部7人の死刑が執行されたオウム真理教事件。当時、信徒には高学歴の若者が多く、事件にも関与していた。現役の医師で、東京大学医科学研究所を経て、医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、自身の経験をもとに「背景にあったのはリアリティーの乏しさ。私と入信した友人を分けたのはわずかな差」と振り返った。

【写真】上昌広医師も勧誘された井上死刑囚の素顔はこちら

*  *  *
 実は、私もオウム真理教事件に少しだけ関わった。高校(神戸市の灘高校)、大学(東京大学)の同級生の中に幹部になった人がいたためだ。特にI君とは仲が良かった。真面目で信頼できる人物だった。

 医学部の学生時代や研修医のころ、I君からはしばしば電話がかかってきた。夜中に私のマンションまで車で迎えにきてくれて、南青山の教団の道場にお邪魔したこともあった。カレーとジュースをごちそうになり、勧誘された。担当は井上さん(死刑が執行された井上嘉浩元死刑囚)だった。I君と井上さんは一緒に行動することが多かった。井上さんは少しやんちゃで、行動力があるという雰囲気だった。

 当時、NHKスペシャルでチベット密教が取り上げられていた。私も関心があったので番組を観て、その後出版された本も読んだ。I君らの主張は、基本的に、このようなドキュメンタリー番組で報じられている内容と同じだった。私はチベット密教という権威に抗いがたい雰囲気を感じた。

 2人からは、富士山の裾野で修行しようと何度も言われた。「信頼する友人がいるのだから、一度だけ行ってみようか」と何度も思った。しかしながら、最終的に私はいかなかった。その理由は、彼らが「剣の達人になれば、気のエネルギーで接触しなくても切れる」と言ったためだった。

 私は剣道で挫折を経験した。高校時代に最も情熱を注いだのは剣道だった。それなりに自信もあった。ところが、大学進学で神戸から東京に出てきて、全国から集まる剣道の有名選手を目の当たりにし、自分の実力のなさを痛感した。剣道業界紙で強烈に強い奴がいるというのを知っているのと、目の当たりにするのは全く次元が違う経験だ。有名選手に負けるならいい。東大剣道部でも歯が立たない人たちがいっぱいいた。特に九州出身の方は強かった。この頃、私は剣はしょせん膂力と考えていた。オウムの主張はリアリティーのない机上の空論に感じられた。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加