“西高東低”だったクルーズ船寄港地トップ20 ダントツの第1位はあの港

2018/06/17 15:00

 国土交通省が6月まとめた調査によると、クルーズ船が昨年最も多く寄港したのは博多港で、3年連続で日本一だった。寄港回数のトップ20をみると、16カ所が西日本。旅客が急増する中国などアジアに近い地の利を生かし、港のにぎわいは"西高東低”が続く。

あわせて読みたい

  • 東京五輪でホテルが余る? 供給増に加え、日韓対立、新型肺炎の影響で逆転現象か

    東京五輪でホテルが余る? 供給増に加え、日韓対立、新型肺炎の影響で逆転現象か

    週刊朝日

    2/25

    さよなら晴海客船ターミナル 東京港のシンボルが30年あまりの歴史にひっそりと幕

    さよなら晴海客船ターミナル 東京港のシンボルが30年あまりの歴史にひっそりと幕

    dot.

    2/19

  • 消費額は2兆円超 1300万人の“爆買い”外国人観光客

    消費額は2兆円超 1300万人の“爆買い”外国人観光客

    週刊朝日

    5/7

    九州が「成長可能性都市」の上位に! 伸びる“まち”の共通点

    九州が「成長可能性都市」の上位に! 伸びる“まち”の共通点

    週刊朝日

    5/9

  • 中国「負のスパイラル」でも最低賃金は上昇? 「不穏なニュース」も…

    中国「負のスパイラル」でも最低賃金は上昇? 「不穏なニュース」も…

    AERA

    1/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す