春風亭一之輔が息子たちと山に登りに口論に…なぜ? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春風亭一之輔が息子たちと山に登りに口論に…なぜ?

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

山の中で僕の靴下を拾いました(※写真はイメージ)

山の中で僕の靴下を拾いました(※写真はイメージ)

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は、「新しい地図」。

*  *  *
先日、TBS系の深夜番組『ゴロウ・デラックス』に出演しました。稲垣吾郎さんに拙著『いちのすけのまくら』を紹介して頂いたのです。だからこのテーマ? ザ・忖度? では私の「新しい地図」噺。

 4月に「GWは高尾山に登る!」と宣言しましたが、4月30日に行って参りました高尾山。家族では唯一、次男(小4)だけが「パピコ(アイス)を買ってやる!」 というエサにつられて付き合ってくれました。出発前に家の前で記念撮影。最寄り駅までの間、早くもパピコの催促。「着いたらなっ!」と私。

 高尾山着。「パピコはまだか?なければ帰る」攻撃に折れ、駅前のコンビニで購入。即完食。空の容器をくわえたまま、地図の前で二人立ち尽くす。ルートがたくさんあるのです。私「ケーブルカーで楽に行く?」。次男「嫌だ! キツい山道がいい!」。パピコの空容器を吹き込み吸い込み、ペコペコさせながら駆け出す次男。その勢い、ましらのごとく。私はすぐに完全な普段着で来てしまったことを後悔することに。高尾山舐めてた……。3時間ほどで息を切らせて山頂へ。

 次男が空パピコをペコペコさせながら私を待ち構えています。「ソフトクリーム!」。拒否する元気もなく購入。食べ終えると「夕方からプールだから早く帰りたいっ!」と猿が駆け下りていきます。アホか。「置き去りにしようか」。一瞬頭をよぎりましたが、すぐに追いかけると、中腹で立ち止まってこちらを見ている次男。

「こんなとこに、僕の靴下かたっぽ落ちてたー!」。汚い靴下をつまんで叫んでます。「お前の? 今、靴下はいてるんだろ?」「うん」「じゃ、お前のじゃないだろ!」 「これ絶対僕のだよ!」「なんで高尾山にお前の靴下が落ちてるんだよ!?」

 しばし口論に。「僕のだ!」と譲らない次男は、パピコの空き袋に靴下を入れ、リュックにしまい込みました。「なんで高尾山まで来て他人の靴下拾って帰んなきゃいかんのだ!(怒)」「……(涙目)……下りたら、アイス!!」「なんでだよっ! にしても、タイミング違うだろっ!!」。なんとか下山。ワーワー言いながら夕方前に帰宅。次男は「じゃあ、プール行ってきまーすっ!!」と飛び出していきます。なんなんだ、あの元気は……。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい