「75歳」が老化の節目!? 超高齢化社会で変わる病気の常識

シニア

2018/06/05 07:00

 団塊の世代の約800万人が75歳以上となる「2025年問題」が目前だ。今の高齢者は10年前と比べて、身体機能も知的能力も10歳若返っている。しかし喜んでばかりもいられない。機能がガクッと落ちる年齢があったのだ。好評発売中の『差がつく70歳からの病気 サインと最新治療』より紹介する。

あわせて読みたい

  • 肉は食べたいだけ食べなさい! 75歳で変わる食事と病気リスク

    肉は食べたいだけ食べなさい! 75歳で変わる食事と病気リスク

    週刊朝日

    6/5

    シニアこそ認知症より“うつ病”に注意? 75歳からの心身変化と対策

    シニアこそ認知症より“うつ病”に注意? 75歳からの心身変化と対策

    週刊朝日

    11/17

  • 病気ではなく老化現象? 健康寿命“75歳の壁”の正体

    病気ではなく老化現象? 健康寿命“75歳の壁”の正体

    週刊朝日

    11/16

    「いつのまにか骨折」に驚く人も! 背中の痛みの受診で判明も半数はきっかけわからぬまま

    「いつのまにか骨折」に驚く人も! 背中の痛みの受診で判明も半数はきっかけわからぬまま

    dot.

    10/23

  • 「いつのまにか骨折」引き起こす骨粗鬆症 若い女性も要注意

    「いつのまにか骨折」引き起こす骨粗鬆症 若い女性も要注意

    dot.

    8/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す