「75歳」が老化の節目!? 超高齢化社会で変わる病気の常識 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「75歳」が老化の節目!? 超高齢化社会で変わる病気の常識

このエントリーをはてなブックマークに追加

「75歳」が老化の節目!?(※写真はイメージ)

「75歳」が老化の節目!?(※写真はイメージ)

75歳以上はHbA1c値の増加に伴う心血管死亡リスクの増加が軽度(週刊朝日 2018年6月8日号より)

75歳以上はHbA1c値の増加に伴う心血管死亡リスクの増加が軽度(週刊朝日 2018年6月8日号より)

75歳が境界線! 病気リスクはこんなに変わる(週刊朝日 2018年6月8日号より)

75歳が境界線! 病気リスクはこんなに変わる(週刊朝日 2018年6月8日号より)

 団塊の世代の約800万人が75歳以上となる「2025年問題」が目前だ。今の高齢者は10年前と比べて、身体機能も知的能力も10歳若返っている。しかし喜んでばかりもいられない。機能がガクッと落ちる年齢があったのだ。好評発売中の『差がつく70歳からの病気 サインと最新治療』より紹介する。

【心血管死亡リスクの図はこちら】

 みなさんは知っているだろうか。2017年に日本老年学会・日本老年医学会は、75歳以上を「高齢者」、65歳以上74歳以下を「准高齢者」とする新たな定義を提言した。これまで、高齢者は65歳以上とされてきた。理由は、1956年にWHO(世界保健機関)が発表した「65歳以上の人口が全人口の7%を超えると高齢化社会とする」という見解がきっかけだ。当時の日本人の平均寿命は、男性が64歳、女性が68歳。つまり、平均寿命を超えた人はみな高齢者だったのだ。

 それから半世紀以上が経ち、日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳(平成28年簡易生命表)と大きく延びた。それだけでなく、肉体的にも元気な高齢者が増えている。その実態を日本老年学会・日本老年医学会は、多くの科学的なデータをもとに検証。現在の高齢者は10年前に比べ、身体の働きや知的能力が5~10歳は若返っていると判断。65歳以上74歳以下の多くは、活発な社会活動が可能であるとして「准高齢者」に区分した。健康な人には働いてもらって、本当の「高齢者」になる前の準備段階として備えてほしいというメッセージといえる。

 ただし、これは社会保障制度として何歳で高齢者を区切るかとは別の問題で、実際の高齢者の健康状態に関する客観的な事実だ。東京都健康長寿医療センター名誉院長で骨粗鬆症財団理事長の折茂肇医師は、こう話す。

「みんなが長生きするようになった今、これまで常識とされていたことが高齢者では通用しなくなっています。これからは健康や病気について、考え方を変えていく必要があるのです」

 加齢に伴い身体機能は落ちていき、老化により発症する病気も増えていくことは、おおむね自明であろう。ただしそこに、大きな境目が存在するとしたらどうだろうか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   シニア , ヘルス , 病気 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加