「決め球をしっかり持ってる」丸山茂樹がリードの勝因を分析 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「決め球をしっかり持ってる」丸山茂樹がリードの勝因を分析

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

崩れなかったリード、さすがです(Getty Images)

崩れなかったリード、さすがです(Getty Images)

 ジョーダン・スピース(米)はリードまで9打差で最終日を迎え、猛チャージ。前半だけで五つ伸ばし、12、13番と15、16番で連続バーディーを決め、リードに並びました。しかし、17番は惜しいバーディーパットを外し、18番はティーショットを左へ曲げてボギー。2度目のマスターズ制覇はなりませんでした。最後、ちょっともったいなかったですね。18番では同じミスを2回やったし、彼らしくないなという面もありました。それでも3位にいるんですから、すごいと言うしかないですよ。

 日本の選手たちは4人中2人が予選を通って、初出場で28位の小平智(28)はそれなりに楽しんでプレーしたようですし、松山英樹(26)もケガが癒えきらないながらも19位ってのは、立派です。予選で去った宮里優作(37)と池田勇太(32)についても次のチャンスがあると思うので、再チャレンジして、今年失敗したことを糧にして、オーガスタに戻って頑張ってほしいなと思いますね。

 3年ぶりにオーガスタへ帰ってきたタイガー・ウッズ(42)は32位でした。自分で自分を苦しめるようなショットをしては、自分を助けてくれるようなパッティングもなく。ポンポンと、いいパットが入ったなと思ったら、「こんなこともするんだ」と言いたくなるミスもして。安定感がなかったです。まあ、いまのタイガーにはオーガスタでプレーできてることだけで感謝という気持ちがあるようですから。これからですよね。

週刊朝日  2018年4月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい