ヒトラーの凶暴ぶり…半藤一利の“昭和史”が面白いワケ

読書

2018/03/09 16:00

 作家・エッセイストの嵐山光三郎氏が『週刊朝日』連載のコラム「コンセント抜いたか」で、父親から聞かされていた戦中の話と作家・半藤一利氏の著書についてつづる。

あわせて読みたい

  • 『昭和史』の著者・半藤一利が、最新作で「次世代の覚悟を問う」

    『昭和史』の著者・半藤一利が、最新作で「次世代の覚悟を問う」

    AERA

    1/2

    【追悼】半藤一利さん 文春時代、新入社員に「似顔絵」贈る温かさ
    筆者の顔写真

    延江浩

    【追悼】半藤一利さん 文春時代、新入社員に「似顔絵」贈る温かさ

    週刊朝日

    2/14

  • 「ビッグコミックオリジナル」新連載を続々と開始 その過激な内容とは?

    「ビッグコミックオリジナル」新連載を続々と開始 その過激な内容とは?

    週刊朝日

    5/19

    B面昭和史 1926―1945

    B面昭和史 1926―1945

    週刊朝日

    3/3

  • 「第二次世界大戦」中の和平交渉から学ぶ ロシアとウクライナの“妥結点”

    「第二次世界大戦」中の和平交渉から学ぶ ロシアとウクライナの“妥結点”

    dot.

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す