眞子さまショック? 小室ママの“脱法指南メール”の内容 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

眞子さまショック? 小室ママの“脱法指南メール”の内容

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#皇室

土日の外出もなくなったというが… (c)朝日新聞社

土日の外出もなくなったというが… (c)朝日新聞社

小室さんの心境はいかに (c)朝日新聞社

小室さんの心境はいかに (c)朝日新聞社

佳代さんから送られたとして元婚約者の男性から示されたメールの一部を再現したイラストです(週刊朝日 2018年3月16日号より)

佳代さんから送られたとして元婚約者の男性から示されたメールの一部を再現したイラストです(週刊朝日 2018年3月16日号より)

 秋篠宮眞子さまとの結婚が果たされれば、小室圭さんは将来の天皇である悠仁さまの義理の兄となり、母の佳代さんも親戚となる。皇室と縁を持つ立場であれば、相応の品位を求められるのは当然だろう。だが、母が元婚約者に送ったメールの内容は、さらに波紋を呼ぶことになりそうだ。

【佳代さんから送られたとされるメールの内容はこちら】

 2月17日。人目を避けるように、秋篠宮邸を訪ねた訪問客がいる。眞子さまの婚約相手である小室圭さんだ。滞在は2時間ほど。婚約延期が同月6日に発表されて以降、初めての訪問だった。

「この日、秋篠宮邸で小室さんが何を話したのかはわかりません。しかし、眞子さまは、小室さんの母の佳代さんの400万円を超える金銭トラブルが報じられた昨年末から元気がなく、婚約延期発表後は、ずっと沈んだ様子です。土日も宮邸から外出していません」(皇室ジャーナリスト)

 3月4日に納采の儀が予定されていたため、2~3月の眞子さまの公務の予定は少ない。だから、眞子さまの様子は外からは見えにくい。知人らとの連絡が途絶え、周囲は心配しているという。

 他方、なぜか明るい様子を見せるのが、「借金」騒動の渦中の人、小室さんの母佳代さんだ。先日も、小室さん、そして友人とレストランで食事をする場面があった。居合わせた客によれば、佳代さんはご機嫌な様子で、笑い声が店内に響き渡っていた。小室さんはおとなしい様子だったという。先の皇室ジャーナリストが言う。

「眞子さまと小室さんは連絡を取り合っています。佳代さんとしては、婚約が破談ではなく延期となったのは、まだ結婚の可能性があると感じているのではないでしょうか。宮内庁側が2人の結婚に対してどのような意見を持っていたとしても、最終的に決めるのは眞子さまご自身ですからね」

 だが、婚約延期の一因になったと見られる小室家の金銭トラブルは、解決のめどが立っていない。佳代さんの元婚約者の男性は、小室さんの大学の入学金や授業料、留学費用などに充てられた400万円を超えるお金の返済を求めている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加