行方不明「はれのひ」社長 茨城県の実家に戻らず、「どこで何をしているか、わからない」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

行方不明「はれのひ」社長 茨城県の実家に戻らず、「どこで何をしているか、わからない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小泉耕平週刊朝日

横浜市中区のはれのひ本部(撮影/小泉耕平)

横浜市中区のはれのひ本部(撮影/小泉耕平)

行方不明になっている「はれのひ」の篠崎洋一郎社長

行方不明になっている「はれのひ」の篠崎洋一郎社長

 振袖のレンタルなどを手掛ける「はれのひ」(本部・横浜市中区)が成人式当日に突然、音信不通になった問題が波紋を広げている。多くの新成人が振袖の着付けを受けられず、成人式への出席を断念する人も続出。神奈川県警、警視庁、茨城県警などには現在、約500件の相談が寄せられ、被害総額は1億円以上、1人当たり30万円前後の被害が最も多いという。被害総額は1億円を超えるという。

【写真】行方不明になっている「はれのひ」の篠崎洋一郎社長

「はれのひ株式会社被害者の会」を立ち上げた「きものと宝飾社」(京都市)の担当者はこう語る。

「これまでに100件ほどの相談が寄せられています。来年や再来年の成人式の振袖を予約してしまった方が多い。料金として20万~80万円の料金を既に支払ってしまい、手元にはサービス品としてもらった小物しかないといいます」

“悲劇”を引き起こした篠崎洋一郎社長(55)は1月13日現在、行方をくらましたまま。いったい、どんな人物だったのか。
業績が傾いて給与の遅配などが生じていたといわれる2017年に、インターネット上の就職・転職サイトに投稿された「はれのひ」社員からの口コミ情報では、篠崎氏のワンマンぶりを批判する次のような書き込みが複数見られた。

〈体制については、コロコロ変わる。社長の気分次第。昇給も降格も急。転勤させられるスタッフもいる。それも社長の一声で全て決まる。それで上手くいっていた頃は良かった。現在は経営状態が非常に悪く、社内雰囲気もよくない〉

 また、〈経営者への提言〉と題して、篠崎氏に向けられたとみられるこんな投稿もあった。

〈遠く先のことしか見ておらず、目の前の社員を蔑ろにしてはいませんか? 社員は駒ではありません。今まで順調に長く勤められていた方も、このままでは疲れ切ってしまいます〉

 全国に100店舗を開店し、上場を目指すなどと周囲に語っていた篠崎氏の「野望」と、厳しい現実との間にギャップが生じていたのだろうか。「はれのひ」に髪飾りを納入していた埼玉県内の業者はこう語る。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加