“安室疲れ”になった中森あきない 引退阻止したい理由 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“安室疲れ”になった中森あきない 引退阻止したい理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日

安室奈美恵さんのものまねの中森あきないさん=本人提供、撮影・板野輝男

安室奈美恵さんのものまねの中森あきないさん=本人提供、撮影・板野輝男

 今年9月16日の引退を前に紅白でのパフォーマンスも話題になった安室奈美恵。彼女のものまねで活躍するのが、中森あきない。今の心境を聞いた。

 芸名でわかるように中森明菜のまねで知られる。レパートリーは幅広く、松田聖子、倖田來未、浜崎あゆみ、工藤静香……。ほかに「安室奈美似」という名前も持っている。今は安室奈美恵の引退表明をきっかけに、テレビやショーに引っ張りだこだ。

「ずーっと安室ちゃんの研究ばっかりやっていて、“安室ノイローゼ”になりそうだったことがあります(笑)」

 そっくりさんになるには顔やしぐさがポイントだという。

「安室ちゃんはたれ目で目が離れているんです。だから、最大のポイントはたれ目メイク。髪の毛をいじりながらちょっと丸いおでこを出して、下を見てしゃべるという感じ」

 安室といえば踊りも重要だ。

「安室ちゃんは空手を習っていたことがあるんですよ。だから、軽く踊っているんだけど、キレがいい。空手の型でポーズを取ると安室ちゃんぽくなる」

 熱狂的な「アムラー」も多いため、トークでの発言には気を使う。さらに気がかりなのが、引退まであと8カ月しかないこと。

「安室ちゃんにはやめてほしくない。そうすれば私も歌い続けられますから(笑)」

(本誌・上田耕司)

週刊朝日 2018年1月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加