AERA dot.

ポーラ炎上でわかった“チャイナリスク”

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日#中国

中国のSNSに投稿された、ポーラの委託販売店のドアに貼られた貼り紙(c)朝日新聞社

中国のSNSに投稿された、ポーラの委託販売店のドアに貼られた貼り紙(c)朝日新聞社

 また日本企業が“チャイナリスク”で揺れた。化粧品大手のポーラと委託販売契約を結んでいた販売店が、「中国の方出入り禁止」という貼り紙を入り口に貼った。

 来店した中国人が気づき、それを写真に撮り、中国のSNSに11月24日、投稿したことで一気に拡散し、炎上したのだ。

 写真とともに「ポーラはゴミ会社!」「ユーザーだったけどもう買わない」など厳しい言葉が書き込まれていた。ポーラの中国現地法人スタッフが事態に気づき、翌25日に慌てて、ホームページ上で日本語と中国語でお詫び文を掲載した。

 すぐに調査し、該当の販売店のオーナーとの委託販売契約を解除したという。

 ポーラの親会社であるポーラ・オルビスホールディングスの広報はこう言う。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   中国 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加