AERA dot.

津田大介「国家による悪用で後退するネットの自由度」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介週刊朝日#津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

世界各国のインターネットの自由度に関する調査報告書を公表している国際人権監視NGO「フリーダムハウス」のホームページ

世界各国のインターネットの自由度に関する調査報告書を公表している国際人権監視NGO「フリーダムハウス」のホームページ

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。「ネットの自由度」に関する国際調査を見て、こう分析する。

*  *  *
 11月14日、国際人権監視NGOの「フリーダムハウス」が、世界各国のインターネットの自由度に関する調査報告書「ネットにおける自由(Freedom on the Net)」の2017年版を公表した。この報告書は、政府によるネットの接続制限や情報遮断、検閲、メディア規制、反政府的主張の監視などの指標を分析、数値化したものだ。調査対象となった65カ国中32カ国で前年に比べ自由度が後退し、改善したのは13カ国にとどまった。

 著しく低いところは、ワースト1位の中国を筆頭に、ロシアや中央アジア、東南アジア、中東諸国など独裁的傾向の強い国に広がり、ネット人口全体のおよそ3分の2が何かしらの制限を受けているという。

 今年の報告書でとりわけ強調されているのが、政府によるソーシャルメディアでの情報操作活動の激増だ。自国の体制を維持するために行われているケースが多く、その手法は年々多様化、高度化しているという。

 実際にどのような情報操作が行われているのか。最も多いのは、一般ユーザーになりすましたフェイクアカウントによる世論誘導だ。65カ国中30カ国で確認されている。政府が情報操作機関を組織したり、外部エージェントに委託したりするかたちで、政府への称賛や政府批判者への攻撃、荒らし(トロール)行為などの大量投稿が行われた。そこに実際の支持者が加わることで、政府の情報操作なのか、実際の政治運動なのかの判別が難しくなっているという。

 ボット(自動投稿プログラム)を利用した情報操作も20カ国で確認されている。その多くは、政権批判や反政府活動の妨害、フェイクニュースの拡散などに利用されていた。政府によるフェイクニュースの発信も16カ国で行われているという。主に選挙や国民投票に関連して、野党の活動を妨害したり、信頼を失わせたりすることを目的としている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

   津田大介 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加