ドン小西 黒柳徹子を絶賛「サービス精神の固まりみたいな人」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドン小西 黒柳徹子を絶賛「サービス精神の固まりみたいな人」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
黒柳徹子(くろやなぎ・てつこ)/1933年、東京都生まれ。東京音楽大学声楽科卒。53年、NHK放送劇団に入団し、専属のテレビ女優第1号に。76年に始まった「徹子の部屋」はギネス世界記録に登録される長寿番組に=11月1日、絵本作家いわさきちひろ生誕100年記念イベントの発表会に出席し、右大腿骨骨折は「ほとんど完治しています」と報告(撮影/小暮誠)

黒柳徹子(くろやなぎ・てつこ)/1933年、東京都生まれ。東京音楽大学声楽科卒。53年、NHK放送劇団に入団し、専属のテレビ女優第1号に。76年に始まった「徹子の部屋」はギネス世界記録に登録される長寿番組に=11月1日、絵本作家いわさきちひろ生誕100年記念イベントの発表会に出席し、右大腿骨骨折は「ほとんど完治しています」と報告(撮影/小暮誠)

 11月1日、絵本作家いわさきちひろ生誕100年記念イベントの発表会に出席した俳優・タレントの黒柳徹子さん。ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックした。

* * *
 最近、この人のアンドロイドが開発されたけどさ。この写真だって実はロボットでしたと言われたら、誰も疑わないよな。それくらい、キャラが微動だにしていない。何たって芸能人は、見る人に楽しみや感動を与えるのが仕事。個人的な老いや疲れなんて見せちゃいかんのだよ。老舗の饅頭と同じ。お客さんが期待する黒柳徹子をつねに見せたいっていうサービス精神の固まりみたいな人だよね。

 ファッションもそう。パワーアップしたタマネギ頭にナポレオンか、フランス人形か、みたいなスタンドカラーのレースのブラウス。この日は報道陣に一切下半身を見せなかったそうだけど、心配無用。これだけで十分すぎるほどザ・黒柳徹子になってるもん。

 実はこう見えて、ブランド服を着てることもあるんだよ。でもこの人の前では、ブランドも何もありゃしない。たちまち全身黒柳カラーに染まるもの。ま、服だけ見たら微妙だが、もはやトレンドやセンスなんて次元は超えてるよ。そもそもファッションは、こうして自分らしさをアピールする道具だもんね。そのサービス精神に星5つ!(構成・福光 恵)

週刊朝日  2017年11月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい