早実清宮、一転プロ志望 早大進学を袖にした理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

早実清宮、一転プロ志望 早大進学を袖にした理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

堂々のプロ宣言!(c)朝日新聞社

堂々のプロ宣言!(c)朝日新聞社

「怪物」が選んだのは、プロ野球への道だった。高校野球で歴代最多とされる通算111本塁打を放った早稲田実の清宮幸太郎が、プロ志望届を提出する意向を明らかにした。これまで早大進学が「既定路線」とされてきたが、弱肉強食の世界に飛び込む決断で、ドラフト会議の主役に躍り出た。

 9月上旬にカナダで開催されたU18のワールドカップ(W杯)で、世界一を目指しながら3位に終わった経験が、清宮の心境に微妙な変化を与えた。W杯を終えた感想は「みんな体も大きいし、球も速いし、スイングも速い。楽しいというか、夢があるなと。こういう雰囲気も自分はすごく好きなので、将来はこっちに来てやりたい」。清宮は中学1年でリトルリーグの世界選手権優勝に貢献し、米国メディアからは「日本のベーブ・ルース」と騒がれた。清宮自身も将来は大リーグでのプレーを目標として公言してきた。そして、カナダから帰国直後、決断に至った。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい