小池「希望の党」が安倍政権に”宣戦布告” 小泉純一郎とのタッグの秘策とは? (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小池「希望の党」が安倍政権に”宣戦布告” 小泉純一郎とのタッグの秘策とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見で「希望の党」設立を発表する小池百合子・東京都知事 (c)朝日新聞社

会見で「希望の党」設立を発表する小池百合子・東京都知事 (c)朝日新聞社

脱原発社会を訴える小泉純一郎元首相 (c)朝日新聞社

脱原発社会を訴える小泉純一郎元首相 (c)朝日新聞社

「小池氏は根っからのギャンブラーで、政界を生き抜いてきた感覚は鋭い。小池氏は今の人気がずっと続くとは思っていない。今回、何らかの勝負に出なくては次の次の勝負、女性初の首相への道が開けない。彼女はもう自民党へは戻れないので、1993年、小沢一郎氏が仕掛けた反自民連立の再来を狙っているフシもある。過半数を取れると判断すれば民・共とも手を結ぶでしょう。ただ、都議選と決定的に違うのは、公明の学会票がない点。今後、世論の支持を得られるかがカギだ」(本誌 取材班)


※週刊朝日2017年10月6日号から加筆


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい