AERA dot.

長年女性に囲まれた男が言い切る「また結婚したい」奥さんとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

山野正義(やまの・まさよし)(右)/1936年、東京都生まれ。55年、学習院大学から米国に留学。ウッドベリー大学で博士号を取得。94年山野学苑の学苑長、2013 年に総長に就任。山野美容芸術短期大学を創設するなど、美容と福祉を中心に、教育、研究、実践を行う。11年、フランスの国家功労勲章コマンドゥール受章、12年、旭日小綬章、フランス芸術文化勲章オフィシエ受章。一般財団法人美齢学ジェロントロジーセンター理事長を兼務。17年、大阪大学大学院国際公共政策研究科の招へい教授。山野栄子ダイアン(やまの・えいこ・ダイアン)(左)/1940年、米国カリフォルニア州生まれ。太平洋戦争中、幼少期の1年を日系人強制収容所で過ごす。サンタモニカ大学で看護学を学び、卒業後、創設から間もないロサンゼルスのヤマノ・ビューティカレッジに入学。美容師の資格を取得し、ビバリーヒルズの高級美容院でカラースペシャリストとして人気を博す。2013年、山野学苑学苑長に就任。(撮影/写真部・大野洋介)

山野正義(やまの・まさよし)(右)/1936年、東京都生まれ。55年、学習院大学から米国に留学。ウッドベリー大学で博士号を取得。94年山野学苑の学苑長、2013 年に総長に就任。山野美容芸術短期大学を創設するなど、美容と福祉を中心に、教育、研究、実践を行う。11年、フランスの国家功労勲章コマンドゥール受章、12年、旭日小綬章、フランス芸術文化勲章オフィシエ受章。一般財団法人美齢学ジェロントロジーセンター理事長を兼務。17年、大阪大学大学院国際公共政策研究科の招へい教授。
山野栄子ダイアン(やまの・えいこ・ダイアン)(左)/1940年、米国カリフォルニア州生まれ。太平洋戦争中、幼少期の1年を日系人強制収容所で過ごす。サンタモニカ大学で看護学を学び、卒業後、創設から間もないロサンゼルスのヤマノ・ビューティカレッジに入学。美容師の資格を取得し、ビバリーヒルズの高級美容院でカラースペシャリストとして人気を博す。2013年、山野学苑学苑長に就任。(撮影/写真部・大野洋介)

 美容界をリードする学校法人・山野学苑の山野正義さん。美容界をリードする名物総長も、家のドアを開けるとやさしい夫に変身する。日系3世の妻・ダイアンさんとの結婚生活とは?

「山野学苑沢総長 結婚生活53年で“1度だけ”したケンカとは?」よりつづく

*  *  *
夫:僕は若いときから一生懸命働いたから、お金は使い切れないくらいある。毎朝、起きると彼女に言うんです。「きょう、何か買いなさいよ」って。

妻:私があまり買い物をしないことを知っているから、そんなことが言えるんですよ(笑)。

夫:ブランドものも買わないし、ドレスも自分でデザインして、アメリカのお母さんが縫っていたものね。でも二人で旅行はします。アメリカには年に6回、ヨーロッパにも毎年行っています。

妻:米国にも自宅があるので気軽に行けるんです。両親がいたころは帰るのが楽しみでした。

――夫の渡米から27年後の82年、仕事と生活の拠点を日本に移した。

妻:日本に来て、生活も変わりました。米国では週末に車で買い物に行っていましたが、日本では一日おきにスーパーに行きました。

夫:僕が納豆を買ってくると、糸をひいているから腐っていると思われて捨てられちゃう。「オレの納豆はどうした?」なんていうこともあったね。

妻:洗濯もアメリカでは乾燥機が当たり前だったけど、日本では外に干さないといけません。夫の母にはお料理、茶道、三味線など日本の文化を教えてもらいました。2人の娘は朝丘雪路さんに日本舞踊を習って、歌舞伎座で踊ったこともあります。母の仕事も近くで見ていましたが、とても面白かったですね。

夫:わが家は鍵を開けてドアを入れば全部英語なの。

妻:最初は日本語がわかりませんでしたが、夫の兄弟はみんな英語ができたので、親切にしてくれて本当に助かりました。娘たちはアメリカンスクールに通いましたけど、日本語は私より上手です。

夫:53年間、いつもいっしょ。アメリカだって一人で行ったことはない。朝食も夕食もいっしょに食べています。

――結婚生活を振り返って、お互いをどう見ていて、直してほしいところはあるのだろうか?

夫:彼女は美容学校に入る前に弁護士の秘書をしていました。だから相手がニクソン大統領でもレーガン大統領でも、実にきちんとした手紙を書いてくれる。僕がひとこと言えば、それをうまく伝えてくれて、みんな僕に一目置いてくれます。超一流の秘書がいるようなもの。日本人の女性では決して望めなかった結婚をしたと思っています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加