内田春菊大腸がん闘病記 「私、人工肛門になっちゃった」

2017/09/10 11:30

 2015年に大腸がんが発覚した、漫画家の内田春菊さん(58)。内田さんは昨年、がんによって肛門を失い、人工肛門を造設した。発覚から手術に至るまでのいきさつを語った。

あわせて読みたい

  • 「例えば、セックスできるか」…大腸がん闘病で漏らした内田春菊の本音

    「例えば、セックスできるか」…大腸がん闘病で漏らした内田春菊の本音

    週刊朝日

    9/10

    「セックスはできるのかな」内田春菊が明かした直腸がんで「人工肛門」の本音

    「セックスはできるのかな」内田春菊が明かした直腸がんで「人工肛門」の本音

    AERA

    2/12

  • 【大腸がん手術】肛門を残すか、人工肛門にするかが大きな選択肢に

    【大腸がん手術】肛門を残すか、人工肛門にするかが大きな選択肢に

    dot.

    3/29

    がん闘病ブログ途絶え大島康徳さんが死去 大腸がん手術を患者はどう選べばいい?

    がん闘病ブログ途絶え大島康徳さんが死去 大腸がん手術を患者はどう選べばいい?

    dot.

    7/5

  • 【大腸がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 人工肛門になる、ならないは? 専門医が解説

    【大腸がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 人工肛門になる、ならないは? 専門医が解説

    dot.

    3/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す