AERA dot.

やみつきになる? 春風亭一之輔が語る「ホワイト餃子」の魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ホワイト餃子』を知っていますか?(※写真はイメージ)

『ホワイト餃子』を知っていますか?(※写真はイメージ)

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は、「大好物」。

*  *  *
『ホワイト餃子』を知っていますか? 餃子好きには有名なので、名前くらいは耳にしたことがある人は多いでしょう。

 ホワイト餃子の本店は私の故郷・千葉県野田市にあります。いわば野田の3大ソウルフードの一つ(ちなみにあと二つは私的に「大川やの醤油せんべい」と「丸嶋屋の樽最中」)。

 ホワイト餃子はのれん分けされ、今や全国各地に支店がある。「世界のホワイト餃子」と言っても過言ではないでしょう。

 野田では正月やお盆、冠婚葬祭など大勢人が集まるときは、何はともあれホワイト餃子です。早朝から本店前に並び、生のお持ち帰りを100、200個とまとめて買い出しに行く。ホワイト餃子の朝は早い。

 親父に「ホワイト餃子、買いに行くぞっ!」と助手席に座らされると胸躍ったものです。「パパ、明日もホームランだ!」ってなもんです。

 最近は「ホワギョー」と略す人も多いそうですが、野田の人はたいてい敬意を込めて、「ホワイト餃子」とフルネームで呼ばせて頂いております。無精しちゃいけないよ。

 ホワイト餃子は直径4~5センチのたわら形、丸みのある、繭玉のごときフォルム。かなり愛くるしいヤツです。餡はわりあいオーソドックスですが「むしろ皮が主役!!」。モッチリとした厚さで、こしのある皮がなんとも言えない存在感を放ちます。

 そんなホワイト餃子、家庭で焼くとわりと手間がかかるのです。「焼く」というより「茹でて、揚げる」感じでしょうか。フライパンに逆さに敷き詰めて、ヒタヒタの湯で茹でる。湯が蒸発して減ってきたら、大量の油を餃子が浸るくらい入れて揚げ焼きにする。「こんなに油使うの!?」ってくらい入れます。……するとね、焼き目が濃いきつね色、まわりがぷりぷりした乳白色、食欲をそそる、実にいやらしいホワイト餃子ができあがるのですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

   春風亭一之輔 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加