福山雅治が“気持ちよく”いじめられた!? 「三度目の殺人」の舞台裏 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福山雅治が“気持ちよく”いじめられた!? 「三度目の殺人」の舞台裏

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
福山雅治(撮影/馬場道浩)

福山雅治(撮影/馬場道浩)

 福山雅治さん主演、是枝裕和監督作品「三度目の殺人」が9月9日に公開される。勝ちにこだわる弁護士・重盛を演じた福山さんが、作品について、自身の仕事について語ってくれた。

【写真特集】惹きつけられる男 福山雅治フォトギャラリー

*  *  *
──是枝監督とは、「そして父になる」以来、4年ぶり2度目のタッグです。

 この4年間、当然ですが是枝監督の作品はすべて拝見していました。「早く自分の順番が来ないかな」と思いながら。

──是枝監督も福山さんのライブに行かれるなど、交流があったそうですね。監督は大歓声を浴びる福山さんを見て「スターだな」と思ったと。

 全然! オーディエンスからいただく多大なる応援と歓声によって、そう見えたんじゃないでしょうか(笑)。照明も当ててもらってますし。

──役所広司さん演じる容疑者・三隅と重盛が対峙するシーンは、非常に迫力がありました。是枝監督は「役所さんによって、福山さんをいじめてみたかった」とコメントされています。

 それをいじめだとするならば、すごく気持ちのいいいじめでした(笑)。接見室に入るたびに、三隅はまるで違う別人のような顔を見せる。何も準備していないというわけではありませんが、僕はそれに反応することによって、自然と揺さぶられていきました。是枝監督は役所さんのことを「日本一うまい俳優」とおっしゃっていますが、一番いい席から、素晴らしいお芝居を見せていただいた、というような。

──作品はシリアスですが、福山さんは現場でムードメーカーだったと。

 いえいえ、今回は満島真之介くんがいましたから(笑)。僕はただ、さまざまな世代の表現者の感受性やものの見方に触れるのが、楽しいんです。音楽の現場だと、だいたい決まったメンバーとやるんですが、お芝居の現場にはさまざまな世代の表現者が集まる。だからその人がどういう人なのか知りたくて、ついついインタビューしたくなるんです。

──重盛は三隅によってこれまでの価値観を揺るがされます。福山さんにとって、価値観を揺るがされた出来事とは?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい