高畑淳子がレポーターをアイアンクロー 息子の質問はシャットアウト 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高畑淳子がレポーターをアイアンクロー 息子の質問はシャットアウト

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

息子・裕太に関する質問をしようとした女性レポーターの口を塞ぐ高畑淳子(撮影/大塚淳史)

息子・裕太に関する質問をしようとした女性レポーターの口を塞ぐ高畑淳子(撮影/大塚淳史)

関係者にガードされて会場をあとにする高畑淳子(撮影/大塚淳史)

関係者にガードされて会場をあとにする高畑淳子(撮影/大塚淳史)

舞台の制作発表で、日本女子大構内にある成瀬仁蔵(大学設立者)の旧宅で集合写真を撮る、主な出演者の赤井英和(前列右から1人目)、高畑淳子(同2人目)、南野陽子(同3人目)、三倉茉奈(後列右から2人目)(撮影/大塚淳史)

舞台の制作発表で、日本女子大構内にある成瀬仁蔵(大学設立者)の旧宅で集合写真を撮る、主な出演者の赤井英和(前列右から1人目)、高畑淳子(同2人目)、南野陽子(同3人目)、三倉茉奈(後列右から2人目)(撮影/大塚淳史)

 息子を守るためにも、そんな質問はさせないわよ!

 女優・高畑淳子(62歳)が8月23日、舞台の製作発表の囲み会見で、なんと質問した女性レポーターにプロレス技アイアンクローをかまし、質問を無理やり防いだ。

【写真はこちら】ガードされ、硬い表情で会場を出る高畑淳子 

 高畑は舞台「土佐堀川 近代ニッポン−女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯」(10月4日〜28日、東京・シアタークリエ)で、明治時代の女性実業家として名高い広岡浅子役を演じる。

「(広岡浅子は)お一人分というよりは10人分くらいおやりになった。本当にすごい方だった。自分と比べると、こんな行動ができるようではない」

 高畑は役を演じる意気込みをこう語った。

 しかし、この日の会見に大挙したマスコミ陣の一番の関心は、息子・高畑裕太(23歳)について。この日は、裕太が強姦致傷容疑で逮捕されて、まさにちょうど1年。のちに不起訴処分にはなったが、芸能活動停止に追い込まれ、現在も一切活動していない。狙ったかのようなタイミングでの会見で、本人の口から関連発言が飛び出すのでは、という期待もあった。

 制作発表会見が終わった後の囲み会見で、女性レポーターが広岡浅子の教育者としての一面を取り上げながら、「ご自身の反抗期って、子供の…」と言った瞬間、裕太の質問と悟ったのか、高畑はレポーターの口を強行に塞いだ。

 もちろん冗談で、南野陽子ら共演者も思わず笑ったが、さすがに高畑も「暴力的ですよね。ごめんなさい、お仕事はわかっていますが、お察しください」と平謝り。

 しかし、女性レポーターも怯まず、「今は立ち直っている時ですよね…?」と尋ねると、高畑は「……」。

 無言で他の役者に助けを求める視線を向けた。

 娘・広岡亀子役を演じる三倉茉奈が、「お母さんをイジメないで!」と助け船を出し、高畑は最後まで息子に関して一切、口を開かなかった。

 そして別の記者が「8月23日といえば…」と質問を畳みかけたが、今度は「関係ない質問なので」と関係者が遮って、囲み会見は強制終了となった。

 その後、関係者にガードされて硬い表情で現場を出た高畑。息子を芸能界復帰させるために奔走しているとされるが、まだまだ道のりは遠そうだ。(本誌 大塚淳史)

週刊朝日 オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい