AERA dot.

「名門校」脅しで話題! 「学び舎」教科書の中身とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#教育

慰安婦に関する「河野談話」とともに現在の政府見解も記載されている

慰安婦に関する「河野談話」とともに現在の政府見解も記載されている

「学び舎」が発行する中学生向けの歴史教科書「ともに学ぶ人間の歴史」を採択した灘、麻布などの名門中学に対し、内容が「反日極左」だとして使用中止を求める抗議ハガキが次々に届いていることが明かになった。

 今回、クローズアップされた「学び舎」の教科書。初めて教員OBらが編集した歴史教科書でもある。執筆に携わった「子どもと学ぶ歴史教科書の会」の編集委員に聞いた。

*  *  *
 従来の歴史教科書は文章が説明的で、著名な人物や出来事など重要語句を太字で記載するというのがパターンでした。暗記型の教育に支配され、子どもたちも「きょうはこの太字を覚える時間だ」と割り切ってしまいます。

 知識の量で学力を測ることはもうやめにしたい。子どもたちの関心を触発するおもしろい教科書を作りたい。そんな思いから、2010年に社会科の元教員たちが集まって「子どもと学ぶ歴史教科書の会」を結成しました。「学び舎」教科書の編集拠点です。退職金などを持ち寄って手弁当でスタートしました。教科書の執筆には、現役教員も含めて30人で取り組みました。

 見開き2ページで1テーマを学ぶのですが、冒頭に大きな図版と、具体的なエピソードを載せました。

 例えば、野麦峠を越えて働きに出た少女たちが製糸工場のブラック体質に苦しむ話や、戦時中に富山県庄下村(砺波市)に届いた赤紙で召集された青年の運命などを描いています。

 偉人や為政者の歴史ばかりではなく、市井の人々の暮らしぶりにも目を向けたいと考えました。

 幕末のペリー来航の項目では、黒船を見物する人々の絵巻を掲載しました。浦賀(神奈川県)には、大勢の人が黒船見物に押しかけるので茶店まで出ています。開国を迫られて右往左往する幕府や藩主たちとは対照的に、庶民の商魂のたくましさが伝わってきます。こうした具体的な場面を導入部に、日米修好通商条約の締結から桜田門外の変へと至るストーリーを展開します。子どもの関心を引き出しながら、歴史的事件をひもといていくのです。

「慰安婦」問題は、この教科書が取り上げた120テーマの一つでしかありません。「軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような資料は発見されていない」とする現在の政府見解も併記しています。

 1990年代以降は、戦時下や植民地支配での人権侵害に対して、補償を求めて個人が言挙げする動きが世界各地で進みました。沖縄の基地問題など現在の課題を考えるために、20世紀の戦争について多くのページをさいているのも、この教科書の特長です。

週刊朝日2017年9月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   教育 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加