AERA dot.

清水富美加「いきなり東京ドームかよ!!」 プレッシャーに負けず、笑顔で歌う

このエントリーをはてなブックマークに追加
多田敏男週刊朝日

ステージで笑顔を見せた千眼美子こと清水富美加(撮影・多田敏男)

ステージで笑顔を見せた千眼美子こと清水富美加(撮影・多田敏男)

ステージで歌を披露した清水富美加(撮影・多田敏男)

ステージで歌を披露した清水富美加(撮影・多田敏男)

大川隆法総裁(撮影・多田敏男)

大川隆法総裁(撮影・多田敏男)

  女優の清水富美加(22)が、8月2日夜、東京ドームで約5万人を前に熱唱した。宗教団体「幸福の科学」への“出家”を今年2月に表明してから、久しぶりに公の場に姿を見せた。

 この日は、幸福の科学の大川隆法総裁が、22年ぶりに東京ドームで講演した。

 それに先だって清水は法名の「千眼美子」として、ロングドレス姿で登場。教団が製作に関わる映画「さらば青春、されど青春。」(来年公開予定)の主題歌、「眠れぬ夜を超えて」を初披露した。映画は大川総裁の長男の大川宏洋・副理事長が主演で、清水がヒロイン役だという。

【熱唱する清水富美加さんはこちら】

 清水は歌い終わった後に、「本当にありがとうございます。映画の撮影も全力で励んで参りたい」とあいさつし、拍手を浴びた。

 清水は千眼美子としてこの日への思いを7月12日の自身ブログでこう記していた。

<いきなり東京ドームかよ!!!!!!!っていうか総裁先生の大講演会のオープニングアクトってそれプレッシャーどころの騒ぎじゃないだろ!!!!!!!>

 しかし、そんなプレッシャーに負けずに歌いきり、最後は笑って手を振りながら退場。元気な様子を印象づけた。

 講演会の終了後には、<ありがとうございました。さすがに震えました。しかと胸に刻みました。ふわぁ~!>とツイート。感激した気持ちを綴っていた。

 8月12日には徳島で行われる阿波おどりに「幸福の科学連」の一員として参加する。8月下旬には映画の撮影が始まる。教団関係の事務所に所属しながら、芸能活動を徐々に再開していくとみられる。(本誌・多田敏男)

週刊朝日  オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加