種子法廃止で日本農業ピンチ! 外国企業による“種子支配”の恐怖

2017/06/23 11:30

 コメなどの種子の生産と普及を都道府県に義務づけ、戦後の食を支えた「種子法」が来春廃止される。民間の力を活用して品種開発を進める狙いなどがあるとされるが、農業関係者は「法律廃止は拙速すぎる」と憤る。日本の種子は弱肉強食の世界に放り込まれ、食の安全保障は危機を迎える。

あわせて読みたい

  • 売り渡される食の安全

    売り渡される食の安全

    週刊朝日

    11/1

    古賀茂明「既得権とドヤ顔で癒着する安倍総理が率いる改革レガシーなき長期政権」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「既得権とドヤ顔で癒着する安倍総理が率いる改革レガシーなき長期政権」

    dot.

    3/18

  • 深刻な食糧不足の裏にある“不都合な真実”と“希望” <アフリカン・メドレー>

    深刻な食糧不足の裏にある“不都合な真実”と“希望” <アフリカン・メドレー>

    アサヒカメラ

    11/28

    室井佑月「気づいて!」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「気づいて!」

    週刊朝日

    1/10

  • 15年の「下積み」経た銘柄も! 今年食べるべき新米4ブランド

    15年の「下積み」経た銘柄も! 今年食べるべき新米4ブランド

    AERA

    11/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す