AERA dot.

降旗康男監督「岡田准一さんは高倉健さんに通じるものがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

降旗康男(ふるはた・やすお)/1934年生まれ、長野県出身。「駅 STATION」(81年)、「夜叉」(85年)、「鉄道員」(99年)など、故・高倉健氏を主演とした数々の名作を世に送り出した。(撮影・関口達朗)

降旗康男(ふるはた・やすお)/1934年生まれ、長野県出身。「駅 STATION」(81年)、「夜叉」(85年)、「鉄道員」(99年)など、故・高倉健氏を主演とした数々の名作を世に送り出した。(撮影・関口達朗)

「駅 STATION」(1981年)、「夜叉(やしゃ)」(85年)、「鉄道員(ぽっぽや)」(99年)など、数々の名作を世に送り出してきた監督・降旗康男と撮影・木村大作の名コンビ。その2人が9年ぶりにタッグを組んだ映画「追憶」が公開された。主演の岡田准一さんと降旗監督が対談し、「追憶」でのロケの様子などを語り合った。

*  *  *
降旗:このホンをやるなら、主人公の四方は岡田准一さんしかいないと思っていました。立っているだけで感情がこもっている方がいい、岡田さんならそうなってくれるんじゃないかと。

岡田:光栄です。監督には「抱えているものを惜しみなく出してください」と言われていたので、その答えを探しながら現場にいたような気がします。

降旗:岡田さんの斜め後ろからの姿は、高倉健さんに通じるものがある。背は健さんのほうが高いんだけど、一人の人間として、同じような人生を背負って生きている感じがします。

岡田:健さんは唯一無二の方ですからね。ただ、このお話をいただいたときにいろんな方から、「降旗監督と木村大作さんは、健さんを撮っていた方ですよ」と言われ、ちょっと気負いすぎてしまった部分はあるかもしれません(笑)。でも、すごく楽しい現場でした。富山ロケは3週間ほどでしたが、毎日午後2時3時という早い時間に、撮影が終わるんですよ。だから小栗(旬)君や(柄本)佑君と一緒にサウナに入っては、「俺たち、ちゃんとできてるのかな?」と反省会をしてました。最終的には「この現場に入れたことは、本当に幸せだよね」という話で終わるんですが。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加