AERA dot.

嵐・相葉雅紀のドラマ「貴族探偵」は“ミヤネ屋”的?

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系 月曜21:00~)の演出が特徴的と主張する。

*  *  *
 貴族が探偵。凄まじく既視感のあるワードだ。ついこの前、織田裕二がクセの強いセリフ回しでやらかしたばかりなのに懲りないのね、ドラマ界。

 今回の貴族は、嵐の相葉雅紀。相葉ちゃん、どこをどう見ても庶民顔で、キャラ違いにもほどがある。しかも女に甘い設定なのか、やたら「あなたは悪くない。美しかっただけです」とか「アバンチュールのお誘いですか?」とか、へその周りがかゆくなるようなセリフを連発。口を開けば滑ってる状況で、もはや気の毒になるくらい。

 でもご安心あれ。主役の相葉ちゃん、ほとんど出て来ない。なぜなら貴族自身は捜査をせず、聞き込みや推理は使用人たちがする方式だからだ。

 そんな中、絵的にもセリフ的にもボケの量的にも、圧倒的に目立っているのが、鼻形刑事役の生瀬勝久。彼の愛読書は官能小説「喪服の女・さとみ」とか、いらない情報がふんだんに盛り込まれるドラマ前半部分は、ほとんど居眠りしててかまわない。

 物語が動き出すのは、メイドの田中(中山美穂)が事件のポイントをまとめたボードを出してから。それを見て、すかさず生瀬が「まるでミヤネ屋やね!」とつっこむ。そう、このドラマの演出って、思いっきりワイドショーなのだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   カトリーヌあやこ をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加