小学生なら誰でも知っている!? 「サバイバル」クイズに挑戦! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小学生なら誰でも知っている!? 「サバイバル」クイズに挑戦!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
(C)Gomdori co., Han Hyun-Dong, Sweet Factory, Hong Jae-Cheol, Lee Tae-Ho, Jeong Jun-Gyuy

(C)Gomdori co., Han Hyun-Dong, Sweet Factory, Hong Jae-Cheol, Lee Tae-Ho, Jeong Jun-Gyuy

 2008年に発売され、シリーズ累計600万部と、子どもたちが熱中する大人気の「科学漫画サバイバル」シリーズ。そのなかから、「へ~?」「そうなんだ!」と大人も驚く、地球のヒミツにまつわるクイズを出題。さあ、子どもと一緒に考えよう!

Q.1:体長18メートルのダイオウイカも恐れる生物って?

A.1:2013年にテレビで深海を泳ぐ姿が公開され話題となったダイオウイカ。世界最大級の無脊椎動物で、30センチほどある眼は、わずかな光でも感じる力がある。吸盤にはノコギリのような歯があり、これを相手の体に食い込ませて絡みつくように捕獲する。とても強そうだが、じつは天敵がいる。それがマッコウクジラだ。マッコウクジラのオスは体長16~18メートル、メスは12~14メートルあり、ダイオウイカと同等の大きさ。天敵とされる根拠は、マッコウクジラの頭部に吸盤の跡が残っていたり、胃の内容物にダイオウイカの痕跡が多く発見されたりしていることなどから。ちなみに、食べられてしまうダイオウイカの巨大な体には、浮力を得るための塩化アンモニウムが含まれているので、試食した人によると、塩味が強く、あまりおいしくないようだ。

Q.2:最強と言われるティラノサウルスが恐れた恐竜とは?

A.2:体長15メートル、体重7トンもあるティラノサウルスは白亜紀の恐竜。鉄板さえも噛み砕くような頑丈な顎や歯、強力な後ろ脚と鋭い爪を持ち、地球上に登場した肉食恐竜の中で最強であった。しかし、そんなティラノサウルスでさえ恐れるのが、草食恐竜のアンキロサウルスだ。体長10メートルとやや小ぶりながら、体は硬い兜のような骨片で形成され、表面には尖ったヤリがある。また、尾の先は重りのような巨大な骨の塊となっていて、それを振り回して棍棒のようにして、攻撃してくる相手を威嚇したのだ。その強さは一撃でティラノサウルスの脚が折れるほどとも。だからアンキロサウルスの攻撃を恐れていたのだ。

週刊朝日  2017年5月5-12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい