すぎやまこういち ドラクエが縁で「『冒険の旅』を堪能」した鶏料理店とは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

すぎやまこういち ドラクエが縁で「『冒険の旅』を堪能」した鶏料理店とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
侘家古暦堂(わびやこれきどう)の侘家鶏の水炊き/鳥取県大山の専用養鶏場で育てた〝侘家鶏〟を、無添加の白濁スープ「とろまったり」で水炊きに。野菜には必ずじゃがいもが入り、溶け出したでんぷん質がスープに絡まって味わいが増す。そのままでも、特製のゆずぽん酢でいただいても美味。汁そばまたは雑炊つきで1人前4800円(税別)。取り寄せも可能(撮影/写真部・松永卓也)

侘家古暦堂(わびやこれきどう)の侘家鶏の水炊き/鳥取県大山の専用養鶏場で育てた〝侘家鶏〟を、無添加の白濁スープ「とろまったり」で水炊きに。野菜には必ずじゃがいもが入り、溶け出したでんぷん質がスープに絡まって味わいが増す。そのままでも、特製のゆずぽん酢でいただいても美味。汁そばまたは雑炊つきで1人前4800円(税別)。取り寄せも可能(撮影/写真部・松永卓也)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回、作曲家・すぎやまこういちさんの侘家古暦堂(わびやこれきどう)の「侘家鶏の水炊き」だ。

*  *  *
 私がゲーム「ドラゴンクエスト」の音楽を手掛けて早30年。曲をゲームに落とし込む作業をする会社が京都にありまして、そちらから昨年末に、ここの水炊きセットをいただきました。これがまあ、おいしくてね。白濁したスープは濃厚なのにしつこくない。これはぜひ、お店にも行かなくちゃ、と。京都出張の際に、家内といそいそと出かけました。

 祇園花見小路にあるお店は、和モダンなたたずまい。絶妙な焼き加減の焼き鳥などを味わったのち、満を持して、待望のお鍋との再会です。肉は、専用鶏舎で育てたオリジナル鶏を使用しているとのこと。胸肉は極薄スライスで、しゃぶしゃぶでいただく。もも肉とは味も歯ごたえも異なり、その違いを楽しめます。また、お肉のうまみが出たところで投入した野菜が、スープを吸って滋味深い。

 鶏の魅力を何通りにも楽しませてもらいました。「ドラゴンクエスト」の曲名ではありませんが、まさに「冒険の旅」を堪能したわけです(笑)。

「侘家古暦堂」京都市東山区四条花見小路下ル祇園町南側歌舞練場北側/営業時間:11:30~14:00、17:00~22:30L.O./休業日:不定

週刊朝日 2017年4月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい