AERA dot.

松本キック「僕が一方的にボコボコに…」15歳下の妻に怒られる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

仲睦まじい二人の微妙な力関係とは!? (※写真はイメージ)

仲睦まじい二人の微妙な力関係とは!? (※写真はイメージ)

 夫のキックさんは、お笑いコンビ「松本ハウス」で「ボキャブラ天国」(フジテレビ系)などに出演し、人気を博した。知り合った当時、妻の瀬里菜さんは子役出身で舞台を中心に活躍。15歳も年の離れた夫婦の自宅玄関には、プリクラのコラージュや家族の写真が飾ってある。その写真立てに象徴される、二人の微妙な力関係とは!?

*  *  * 
妻:うちに来た人は、まず玄関の写真を見て笑いますね(笑)。

夫:やめてほしいんです。僕のキャラじゃないから。

妻:ハハハ。プリクラ写真に「ばかっぷる」と書いたのは私です。

夫:できれば隠したいんですが、嫁がドーンと飾るんですよ。

――なれそめは10年前。夫が出演する舞台の打ち上げの席だった。ミュージカル「アニー」に出演するなどキャリアの長かった妻。偶然隣り合わせた夫に、仕事の悩みを打ち明けた。

妻:知り合いが出演していたので、流れで私も打ち上げに参加。当時は本当に悩んでいたので、意見を聞きたくて、人に会うごとに相談していたんです。

夫:えっ!? あれは僕だけじゃなかったの……。

妻:そうよ。

夫:うわっ、10年目にして初めて知る真相。俺だから相談されたんだと思っていたのに……。

妻:でも、気持ちが楽になったのは本当。彼のことも「松本ハウス」というコンビのことも、よく知らなかったんです。テレビを見る時間もなく仕事をしていたので。

夫:打ち明けられたのは、年齢とともに仕事が減って、どうしたらいいのかという悩みだった。

妻:子供の頃からずっとお芝居をやっていて、とにかく焦っていたんですよね。

夫:たしか「子役のイメージを払拭できないのは、自分がその殻に閉じこもっているからでは」とアドバイスをした記憶がある。

妻:「まずやってみたら」と背中を押されました。サバイバルゲームのメンバーとして雑誌に出るのが決まっていたこともあり、心機一転、「あいり」という芸名にしたんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   夫婦 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加