AERA dot.

ゲッターズ飯田 2017年の運気を上げるにはズバリ「旅行」!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の運気を上げるにはズバリ「旅行」と語るゲッターズ飯田(※写真はイメージ)

2017年の運気を上げるにはズバリ「旅行」と語るゲッターズ飯田(※写真はイメージ)

 5万人以上を占い、“最強の占師”との異名を持つゲッターズ飯田さんが、2017年の運気の流れや世相を大胆予想。四柱推命や算命学などを組み合わせた独自の「五星三心(ごせいさんしん)占い」で運勢を占い、“縁のつかみ方”もアドバイス!

*  *  *
 2016年はドナルド・トランプ氏が次期米大統領に選出され、世界を驚かせました。この人は僕の「五星三心占い」では「金のイルカ」タイプで、17年は運気が絶好調!遊び心のある目立ちたがり屋で、過激な言動はパフォーマンスの一種だったはず。実際、選出された途端にがらりと変わりましたし、就任してもそう悪くないのでは。

 一方、安倍晋三首相は17年から18年にかけて運気が変わる流れにあります。首相交代ではなく、目指す方向性が変わっていきそう。

 16年は歴史や伝統などが重んじられる“大人の時代”の運気でしたが、17年も続きます。苦労を積み重ねていた人には追い風で、大器晩成型が注目されます。

 一方、蓄積のない人は大変な年になるかも。そんな人は今から勉強するしかない(笑)。生活習慣を変えたり、習い事を始めたりしてみてください。

 17年はお金にまつわるトラブルが噴出。脱税が暴かれたり、横領や不正経理などがバレて軒並みクビになったりすることも。個人レベルでも、へそくりがバレそうなのでご注意を。

 人とは広く浅く付き合うよりも、丁寧な付き合い方がプラスに。手紙や年賀状を出す、お中元やお歳暮を贈るといった昔ながらの風習が再認識されるはず。

 付き合う相手も見極めが必要で、向上心のある相手との交流が運気アップにつながります。夢を追いかけて頑張っている人や起業している人などと話をすると刺激になります。

 運気を上げるのにおすすめなのは旅行。国内外を問わず、南の島や暖かいところに行くのがいいでしょう。

週刊朝日 2017年1月6‐13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   年末年始 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加