田原総一朗「トランプを勝利させた『理想を追うことをやめた世界』」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「トランプを勝利させた『理想を追うことをやめた世界』」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
トランプ氏が勝利したアメリカを始め、世界の多くの国が、理想を求めるゆとりと展望をなくしているのかもしれない (※写真はイメージ)

トランプ氏が勝利したアメリカを始め、世界の多くの国が、理想を求めるゆとりと展望をなくしているのかもしれない (※写真はイメージ)

 ジャーナリストの田原総一朗氏は、現在、世界で目立っているリーダーたちの名を上げ、この時代の特徴を指摘する。

*  *  *
 トランプ次期米大統領が23日、新政権の国連大使に、サウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー知事を起用すると発表した。

 ヘイリー氏はインド系の女性知事で、トランプ氏が新政権の主要ポストで女性や非白人を指名したのは今回が初めてだ。彼女は大統領選の共和党候補者指名争いではトランプ氏のライバルだったルビオ上院議員を支援。排外主義的発言を繰り返すトランプ氏を批判していたが、同氏が候補に指名された後は、「ファンではない」としながらも、トランプ氏に投票すると宣言していた。

 トランプ氏はヘイリー氏起用について「ヘイリー知事は、州や国の改善のための政策を前進させるため、(人物の)背景や所属政党にこだわらず、人々を団結させてきた実績がある」として、その交渉力に期待していると強調した。

 トランプ氏は排外主義や女性蔑視発言などで物議をかもしたうえ、新政権の主要ポストには白人男性の名前ばかりが挙がり、それも力で問題を処理しようという人物が多かった。その意味ではインド系女性を起用することで、ある種バランスをとる狙いがあった、とみられる。ただ、バランスをとることで逆に新政権は内部抗争が激しくなるのではないか、という見方もある。

 トランプ氏は「米国は世界の警察をやめる」と宣言した。実は「世界の警察をやめる」と先に言ったのはオバマ大統領だ。「世界の警察」であるために、米国は莫大(ばくだい)な費用を使い、兵士の犠牲も多い。それでいて、「世界の警察」として実施したアフガン戦争、イラク戦争は世界の強い非難を浴び、だからイラク戦争に反対したオバマ氏が初の黒人大統領となったのである。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい