発達障害のピアニスト・野田あすかを救った恩師の言葉とは?

発達障害

2016/11/27 07:00

 22歳になるまで障害のあることがわからなかった。いじめ、転校、退学、そして自殺未遂……。周囲に誤解され、戸惑いながらも、努力と感性で生きてきたピアニストが今、大きく羽ばたこうとしている。

あわせて読みたい

  • 地獄のような日々を送ったことも......発達障害のピアニスト・野田あすかを支えた父母の思い

    地獄のような日々を送ったことも......発達障害のピアニスト・野田あすかを支えた父母の思い

    BOOKSTAND

    12/2

    障害と知らず、自分を責めた日々も......発達障害のピアニストの

    障害と知らず、自分を責めた日々も......発達障害のピアニストの"心の音"

    BOOKSTAND

    10/10

  • 8月号小児精神科医・青山学院大学教授 古荘純一 Furusho Jun―ichi災害弱者としての発達障害者

    8月号小児精神科医・青山学院大学教授 古荘純一 Furusho Jun―ichi災害弱者としての発達障害者

    8/9

    理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    AERA

    5/16

  • 子どもの脳に悪影響も!? 農薬が発達障害の原因として疑われるわけ

    子どもの脳に悪影響も!? 農薬が発達障害の原因として疑われるわけ

    週刊朝日

    3/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す