津田大介「フェイスブックは“編集者”か」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「フェイスブックは“編集者”か」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「何が投稿できて、何が投稿できないのか」ということをSNSの運営会社が決めることの是非とは? (※写真はイメージ)

「何が投稿できて、何が投稿できないのか」ということをSNSの運営会社が決めることの是非とは? (※写真はイメージ)

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏が、フェイスブックの歴史的な写真の削除をめぐる騒動から、同社のあり方を問い直す。

*  *  *
「戦争の悲劇を伝える1枚の写真」の掲載を認めるか否かでフェイスブック(FB)が揺れている。

 発端は8月19日、ノルウェーの作家でジャーナリストのトム・エーゲランが「戦争の歴史を変えた写真」として7枚の写真を投稿したことだった。そのうちの1枚に裸の少女が写っており、これがFBの運営に問題視され、「コミュニティ規定に反する」として写真が削除された。

 問題の写真はAP通信の報道カメラマン、ニック・ウトによって撮影された「戦争の恐怖(Fear Of War)」。ベトナム戦争の最中、南ベトナム軍が投下するナパーム弾によって、やけどを負った子どもたちが逃げてくる場面をとらえた、かの歴史的な写真だ。

 一体、なぜこの有名な写真が削除されたのか。

 FBの「コミュニティ規定」では、ヌード写真が禁止されている。しかし、この少女はナパーム弾に焼かれた衣服を脱ぎ捨てて身体中にやけどを負いながら逃げてきているわけで、単なるヌードとは意味が違う。

 これを受け、ノルウェー最大手の新聞紙アフテンポステンは、写真を載せた上でFBの一連の対応を疑問視する記事をFB上に投稿。これに対してもFBはメールで「削除するか、ボカシをいれるか」を迫り、その後削除してしまった。「この写真は歴史的な意義がある子どもの裸で、ほかの写真はそうではないという区別はできない」という理由だった。

 このことが騒動にさらなる火を付ける。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい