介護離職後の転職は…専門家「肩書や年収で前職との比較をしない」 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

介護離職後の転職は…専門家「肩書や年収で前職との比較をしない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
介護を経験しつつ、仕事をステップアップする人もいる (※写真はイメージ)

介護を経験しつつ、仕事をステップアップする人もいる (※写真はイメージ)

「転職先の会社が自分に何を求めているのかを判断し、そのニーズに応えるために何ができるかを考えることが大切。積み重ねていくと、実績につながります」(横澤さん)

 大手企業の退職者を積極的に採用する中小企業や同業他社もある。口コミで職を紹介してもらうにも、普段のつきあいは大切。在職中に社外とのネットワークを築くことが欠かせない。

 東京都内の柳澤健一さん(63)は6年前、認知症の母(享年89)の介護でアパレル関係の人材派遣会社をやめた。

 退職後に生きたのは、かつての人脈。当時のつながりを生かし、今はデザイナーをアパレルメーカーに紹介する仕事だ。「後先を考えず、会社をやめてしまった」と退職時を振り返る。

「日中にひとりで留守番させるのが心配で、デイサービスを利用していました。母の帰る午後3時半に、家に戻る必要があった。妻も息子も仕事を持ち、私が母の面倒をみることに。管理職の立場で、遅刻と早退を繰り返すたびに後ろめたい気分が募りました。介護休業制度を調べたり、人事担当に相談したりする余裕がなく、会社に迷惑をかけられないと思い、やめました」

 その後、個人で仕事を請け負い始めたが、母の面倒を24時間みる生活が続いた。仕事に身が入らず、十分な収入を得られなかった。

 蓄えが減り、飲み代も惜しくなり、友達とのつきあいが途絶えた。引きこもりがちとなり、母へ八つ当たりしたことさえあった。

 離職から2年後、転機が訪れた。

 母が大腿骨を骨折し、車椅子生活に。老人保健施設を経て、特別養護老人ホームに入所した。柳澤さんは介護漬けの生活を見直すきっかけとなり、少しずつ自分の時間が増え、仕事に集中できるようになった。

「本腰を入れようと、勉強して職業紹介の免許を取得し、個人オフィスを11年9月に立ち上げました。少しずついい案件が入り、成約率も上がった。いい仕事ができると自信につながります。ビジネスのヒントがいろいろと浮かび、空いた時間にデザイナーと意見交換するなど好循環が生まれました」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい