太宰、谷崎、漱石…丑の日に食べたい、文豪たちが愛でた鰻5店

グルメ

2016/07/26 11:30

 鰻について触れた文芸作品は数多い。最も古いのは万葉集で、大伴家持が詠んだ。近代日本の文豪も、贔屓の店を作品に登場させている。彼らが愛でた鰻店を紹介する!

あわせて読みたい

  • 今も息遣いが残る? ジョン・レノンが愛した東京、軽井沢の8店

    今も息遣いが残る? ジョン・レノンが愛した東京、軽井沢の8店

    週刊朝日

    6/29

    「鍋」で振り返る平成 「失楽園」、ヨン様に「中尾鍋」も

    「鍋」で振り返る平成 「失楽園」、ヨン様に「中尾鍋」も

    週刊朝日

    2/19

  • この目で見て味わいたい! 80歳Overの熟練職人ワザ

    この目で見て味わいたい! 80歳Overの熟練職人ワザ

    週刊朝日

    9/25

    稀勢の里効果で盛り上がる! 絶品“両国グルメ”の名店7選

    稀勢の里効果で盛り上がる! 絶品“両国グルメ”の名店7選

    週刊朝日

    5/23

  • こたつで猫と一緒に丸くなる? 今こそ行きたい“あったカフェ”9選

    こたつで猫と一緒に丸くなる? 今こそ行きたい“あったカフェ”9選

    週刊朝日

    1/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す